宮本浩次ユーミンの曲をカバーは意外?実は女性曲のカバー達人!

宮本浩次恋人がサンタクロースカバー

田中圭が出演するソフトバンクの新テレビCM「恋人がサンタクロース」篇が、12月11日から全国で放映される。

「音楽」を主役に展開する「♬SoftBank music project」の取り組みとして制作された同CM。宮本浩次がカバーした松任谷由実の“恋人がサンタクロース”がCMソングとして使用されている。
田中圭のスクープを狙うパパラッチの視点から始まる同CMでは、クリスマスツリーをバックに佇む田中の姿、パパラッチたちが「スクープいただきっすね!」「おお! 恋人来たあ!」と会話する場面、田中がサンタクロースと抱き合い、手を繋いで歩く様子、パパラッチたちの「あれって、ラブですか?」「ああ、ラブだ」というやりとり、サンタクロースのマスクを剥ぎ取った桜井ユキが田中に「もう気にしなくていいよ」と笑みを浮かべるシーン、「速度制限も気にしなくていいよ」というナレーションなどが確認できる。
撮影中、田中は袋の中からプレゼントを取り出したサンタクロースに対して「えっ、何これ? ウォーッ!」と歓喜の声を上げ感情のたかぶりを表現。監督からハイタッチのリクエストが入ると力強い音が周囲に響き渡り、田中は「ちょっと激しくやり過ぎましたね」と頭をかいたという。2人で手を繋いで歩くシーンでは、監督が「本当に楽しそうですね」と微笑みながらながらOKを出す一幕もあったとのこと。
撮影後のインタビューで桜井ユキは田中の印象について「田中さんは作品でエネルギーが高い役も演じているのを見ていたんですが、画面越しに勝手にはかないイメージを抱いてました。今回初めてお会いしてみて、やっぱりはかないなと思いました」とコメント。クリスマスの思い出について訊かれた田中は「毎年仕事しているイメージですね(笑)。小さい時のクリスマスが、家族みんなでチキンを食べるというイメージなので、家族とチキンを食べて、ゆっくり過ごすだけでもいいなと思います」と答えた。
宮本浩次がカバーした“恋人がサンタクロース”について田中は「あれだけ“恋人がサンタクロース”という曲が浸透していて、その声のイメージが全部私たちの頭の中にあるのに、めっちゃ宮本さん色を出しているじゃないですか」「すごいなーと思いました」と語った。
また、「2020年はどんな年にしたいか」という質問に田中は「楽しけりゃいいです(笑)」、桜井は「それが一番いいですね(笑)。2020年は、お仕事もプライベートも日々楽しく。あとは見たいものを見て、行きたかったところに一つでも多く行けたらいいなと思います」と述べている。

引用元:https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20191210-00018607-cinranet-movi

クリスマスの時期になると街中でよく聞く定番曲と言えば

山下達郎「クリスマスイブ」

ワム「ラスト・クリスマス」

マライア・キャリー「恋人たちのクリスマス」

そしてユーミンこと松任谷由美さんの「恋人がサンタクロース」ではないでしょうか?

12月11日よりソフトバンクの新CMで名曲「恋人がサンタクロース」をユーミンではなく、

エレファント・カシマシのボーカル宮本浩次みやもと ひろじさんがカバーしているのです。

ミヤジが女性の曲をカバー?
しかもユーミン?
オリジナル曲のユーミンのイメージには勝てないんじゃない?

など思っていませんか?

けどね、宮本浩次さんは結構色々な人の曲をカバーしているんだけど、カバーした曲は皆ミヤジワールドとなって力ずくで自分のものにしているのです。

男性の曲のカバーはもちろん良いのですが、女性の曲のカバーの方が、

ガツン!!

と来るのです。

そして意外と思われているユーミンのカバーはこれが初めてではないのです。

そしてあの往年のアイドルの曲までもミヤジワールドにしちゃっているのです。

これを見れば、

ちょっと変わった人⇒魂震える歌うたい

のミヤジをもっとわかってもらえると思います。

この記事を読んでわかる事

 昭和の名曲「喝采」が見事によみがえる!

 アイドル松田聖子の名曲「赤いスイートピー」を衝撃のがに股で!

 ユーミンの名曲「翳りゆく部屋」を我が物に!

スポンサーリンク

目次

昭和の名曲「喝采」

喝采・・・・

1972年のちあきなおみさんの大ヒット曲です。

今から47年も前の歌です。

ちあきなおみさんを知らない方は多いと思いますが、昭和を代表する美空ひばりさんに比類する程の声と表現力と評価されています。

出だしからあのゾクゾクするような歌い方をする人は今後現れないのかもしれません。

そんな名曲の「喝采」は色々なミュージシャンがカバーしていますが、中でもミヤジのカバーは魂震えるものがあります。

モノマネのコロッケさんは最初声真似は出来ず、形態模写(顔真似)で、ちあきなおみさんの顔真似していました。

私世代はちあきなおみ=コロッケですが、ミヤジの歌も人を引き付ける何かがありますよね。

たしかにここまでがに股に違和感が無い人はミヤジの他には

世良公則さんしかいないのでは?

アイドル中のアイドル松田聖子の「赤いスイートピー」

そして意外に思われるかもしれませんが、今話題の神田沙也加さんのママで元祖アイドルこと松田聖子さんの代表曲までもカバーしています。

まさかアイドルの曲までカバーしているとはおそれいりました。

荒井由美時代の名曲

荒井由美さんは音楽プロデューサー松任谷正隆さんと結婚して松任谷由美さんとなりました。

かげりゆく部屋」は1976年荒井由美時代の曲ですから先ほどの喝采より少し後のオリジナルです。

ミヤジは「恋人がサンタクロース」の前からユーミンをリスペクトしています。

私も動画を初めて見た時

何処かで聞いたことあるような曲だな?

とは思ったのですが、オリジナルはユーミンの曲だったんですね。

今や私の中では「翳りゆく部屋」はミヤジがオリジナルで

ユーミンがカバーとなっています。

その位、この曲を自分のものにしています。

「翳りゆく部屋」も沢山のミュージシャンがカバーしており、

相棒の椎名林檎さんや徳永英明さんもカバーしていますが、やっぱり林檎さんより英明さんよりユーミンさんよりミヤジの歌がしっくりきます。

本当に名曲です。

宮本浩次ユーミンの曲をカバーは意外?実は女性曲のカバー達人!まとめ

私はエレファント・カシマシは昔から知っていましたが、当時ははっきり言って好きではありませんでした。

シャウト!!

叫び!!

唸る!!

そんなイメージがあったせいか、ほとんどエレカシの曲を聞いたことがありませんでした。

しかし、ここ2年前位から聞き始め今では毎日通勤途中車の中で聞いています。

「約束」

「絆」

「あなたへ」

などカバーだけでなくエレカシオリジナル作品も沢山いい曲があります。

平成中期からは、CMや映画やドラマなどとタイアップしないとミュージシャンが音楽を発信しにくい環境にあります。

昭和・平成には歌に励まされ時には涙する沢山の名曲がありました。

宮本浩次さんには元気のない音楽業界をもう一度盛り上げていただきたいですね。

スポンサーリンク