バンクシー展横浜開催のアソビルって何?場所詳細と電車と車のアクセスは?

2020-01-05

バンクシー展

スポンサーリンク

目次

バンクシー展横浜とは?

アート・テロリスト

覆面グラフィティーアーティスト

神出鬼没のアーティスト

など様々な呼ばれ方をしている「バンクシー」

そのバンクシー日本初の展覧会が横浜「アソビル」2階で2020年3月15日~9月27日まで開催されます。

日本初開催のバンクシー展に行きたいけど「アソビル」って何?
アソビルの場所は?
横浜駅からアソビルの行き方は?
車でアソビルに行くには駐車場は?

などの疑問にお答えしていきます。

アソビル自体2019年3月に開業したばかりの施設だけに認知度はまだ低いようですが、フロアごとにコンセプトが違っておりバンクシー展を観終わっても、沢山楽しむ事が出来る施設です。

バンクシー展横浜が行われるアソビルの場所

会場名

アソビル

住所

神奈川県横浜市西区高島2-14-9 アソビル2F

そもそもアソビルって何?

横浜中央郵便局の別館として集配業務を行っていた建物が中央郵便局に移管されたことにより、遊休施設となっていたビルをアカツキライブエンターテインメントが借り受け、複合型体験エンターテインメント施設にしたものが「アソビル」です。

地下1階から屋上までの6フロアそれぞれの階にコンセプトがあり、目的に合った楽しみ方ができるようになっています。

地下1階

PITCH CLUB

 
 
 
 
 
この投稿をInstagramで見る
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 

アソビル(ASOBUILD)(@asobuild)がシェアした投稿

PITCH CLUBは、“上質な大人の遊び場”をコンセプトとしたアミューズメントバーラウンジ。
様々なアートが飾られたラグジュアリーな空間で、日本屈指のバーテンダーが監修したカクテルや、横浜で造られたワインなどをお楽しみいただけます。
施設内には、ビリヤードなど定番の遊びから、テクノロジーを融合させたPITCH CLUBならではの新しいアソビを設置する予定です。大人が楽しめるハイセンスなアソビを通して、同行者とより親密なコミュニケーションをとることができます。

1階

横浜駅東口 POST STREET

 
 
 
 
 
この投稿をInstagramで見る
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 

アソビル(ASOBUILD)(@asobuild)がシェアした投稿

横浜駅東口POST STREETは、“横浜が好きな人による、横浜を好きになってもらうための場所”というテーマのもと、18の飲食店が集まるグルメストリート。
いま話題の野毛の居酒屋など話題性の高い店舗が集結します。また、フロアの一角にはパフォーマンスができるステージを用意し、お客様は音楽ライブ等を楽しみながら食事をすることができます。
なお、横浜駅東口POST STREETは、横浜駅みなみ通路から東口市街地へ続く通り道としてご活用いただくことも可能です。

2階

ALE-BOX

 
 
 
 
 
この投稿をInstagramで見る
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 

アソビル(ASOBUILD)(@asobuild)がシェアした投稿

ALE-BOXは、「厳選されたエンタメ体験のセレクトショップ」をコンセプトにした常設体験イベントフロア。
ここでしか体験できない最新のテクノロジーや、斬新なアイデアを活かした脱出ゲームや展示イベント、VR、スポーツコンテンツなどが展開される予定です。
コンテンツは定期的に入れ替わるので、来場のたびに新鮮な体験と驚きを味わえる場所となります。

バンクシー展もここ2階で開催されます。

3階

MONOTORY/STAMP HALL

 
 
 
 
 
この投稿をInstagramで見る
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 

アソビル(ASOBUILD)(@asobuild)がシェアした投稿

MONOTORYは、陶芸、アクセサリー、革小物、キャンドル作りなどの「ものづくりワークショップ」が毎日行われる国内最大級のハンドメイド体験フロア。
開催ワークショップは20ジャンル200種類以上を予定しています。花を通したライフスタイルプロデュースブランド“will Garden”を主宰するモデルの畑野ひろ子氏をはじめ、ハンドメイドの人気アーティストやカリスマ講師がMONOTORYオフィシャルアーティストとしてワークショップを日々開催します。
フロア内には、ハンドメイド業界を代表する材料・道具等のメーカーによるショップも併設されており、自宅でハンドメイドやDIYを楽しむ方はもちろん、プロの方でも満足して頂ける品揃えを提供します。

「STAMP HALL」は、アート展、展示会、イベントなど、様々な催し物を開催することのできる多目的イベントスペースです。期間限定でコンテンツが入れ変わり、新しい作品や楽しい展示に出会える場所となっています。

4階

PuChu!

 
 
 
 
 
この投稿をInstagramで見る
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 

アソビル(ASOBUILD)(@asobuild)がシェアした投稿

PuChu!(プチュウ)は、宇宙をイメージした屋内キッズテーマパーク。
「夢中になれる遊びの中にこそ、豊かな学びがあふれている」をコンセプトに、新しい時代を生きていく子どもたちに必須の「センス」「感性」「知性」の3つを、遊びながら自然と学んでいけるようにデザイン・設計。一流のクリエイターやアーティスト達によって手掛けられたPuChu!は、テーマの異なる7つの星と5つのゾーンの計12個のプレイエリアで構成されてます。
ベビーカー置場・授乳室・おむつ替えスペース・こども用トイレなども完備し、パパママフレンドリーなキッズパークです。

屋上

MULTI SPORTS COURT

 
 
 
 
 
この投稿をInstagramで見る
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 

アソビル(ASOBUILD)(@asobuild)がシェアした投稿

マルチスポーツコートは、フットサル、バスケットのコートがそれぞれ1面ずつとれるビル屋上のスポーツコート。
元プロ野球選手が教える野球教室をはじめ、一流アスリートによるスクールやイベントを積極的に開催。その他、コートの貸切利用や、バブルサッカーやアーチェリーハントなどのファンスポーツイベントも開催する予定です。

バンクシー展横浜が行われるアソビル電車のアクセス

「横浜」駅 みなみ東口通路直通、もしくは東口より徒歩約2分

初めて横浜駅に来た方や方向音痴の方の為の詳細

東京都内の渋谷や新宿ほどではないにしろ、初めて横浜駅に訪れた方は「アソビル」を探してもよくわからないと思います。

なんせ横浜駅には

・JR
・横浜市営地下鉄ブルーライン
・横浜高速鉄道みなとみらい線
・京急本線
・相模鉄道本線
・東急東横線

在来線・地下鉄・私鉄これだけの路線が乗り入れていますので、それぞれ降り口が違うので迷ってしまうのも無理ありません。

目指すは東口方面です。

東口は「ルミネ」「そごう」「崎陽軒本店」がある方です。

アソビルは横浜駅から見て南方向にあたりますので目指すは「みなみ東口」方面です。

アソビルは横浜中央郵便局となりに位置しています。

アソビルは横浜駅よりみなみ東口通路直通となっています。

これで初めて横浜を訪れる方でも大丈夫ですね。

それでもわからないよー!という方にはアソビル公式が駅からの行き方を徹底解説していますので、こちらも参考にしてみてください。

【路線別】横浜駅からアソビルへの行き方を徹底解説!

バンクシー展横浜が行われるアソビル車で来た場合の駐車場の場所

アソビルには専用駐車場はありません

駅直通になっていますので公共交通機関の電車が便利なのですが、やっぱりデートなので車で行きたい!!

という方もいますよね。

そんな時は時間貸し駐車場を利用するしかありません。

アソビルから近い駐車場は「東口駐車場」「横浜駅東口地下駐車場」「リパーク横浜中央郵便局駐車場」などが便利です。

スポンサーリンク