ココカラファインの支払いで使えるのは何ペイ(Pay)?【ドラッグストア編】

2019-05-09

ココカラファイン支払ペイ

昨年2018年はQRコード決済元年とも言われ、ペイペイが仕掛けた「100億円あげちゃうキャンペーン」では12月4日からたったの10日間で終了となりました。

その原因としては全額返金の異常とも言える確率と返金の上限金額が高かったせいで、転売が横行したことにあります。

なんせ運が良ければ全額(10万円相当)返金される可能性があったわけですから、全額返金の場合仕入がただになる訳で、転売ヤーが買いまくったことであっという間にキャンペーンが終了してしまい、

迷っている間に終わちゃった~

と残念に思っていた方は多いのではないでしょうか。

そして2019年に入りQRコード決済(pay)はシェア争いトップを取る為各社更なるキャンペーンを打ち出してきています。

政府も2025年までにキャッシュレス化を現在の20%から40%にまでし、将来的には80%までに高めたいと計画していることからも、否が応でもわれわれ消費者はQRコード決済のアプリをダウンロードする事になります。

しかし店舗によってQRコード決済の取り扱いがバラバラな為、皆さんきっと

この店舗の支払いで使う事が出来るQR決済サービスは何?

という疑問を持つと思います。

QRコード決済サービス会社は数十社あり今後も更に増えることも考えられるので、

この店舗はどのQR決済サービスが使えるの?

をわかり易く説明したいと思います。

事前にこの記事をチェックしておく事で、レジでもたつく事もなくなりますし、スマートに支払いを済ませる事が出来ます。

そこで今回はココカラファインの支払いで使えるPayを調べました。

この記事を読んでわかる事

 ココカラファインの支払いで使えるのは何ペイ(Pay)?

 ココカラファインの店舗

スポンサーリンク

目次

ココカラファインの支払いで使えるのは何ペイ(Pay)?

ココカラファインの支払いで使えるのは以下になります。

 LINE Pay

 メルペイ

 2019年5月時点

少しさびしい感じもしますが、LINE Payが使えるのは有り難いですね。

今後は他のQRコード決済サービスが追加されることも考えられますので新たな情報が入りましたらお伝えしますね。

ココカラファインの店舗

 
 
 
 
 
View this post on Instagram
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 

My Rabbitクレープさん(@myrabbit_crepe)がシェアした投稿

2008年(平成20年)4月に、大阪市東成区に本社を置くセガミメディクス株式会社と東京都府中市に本社を置く株式会社セイジョーの株式移転による経営統合により、株式会社ココカラファイン ホールディングスを設立。「ココカラファイン」の社名は、「ココロ」と「カラダ」を元気(ファイン)にしたいとの願いが込められている。
2010年(平成22年)10月に株式会社ジップドラッグと株式会社ライフォートを傘下に持つ株式会社アライドハーツ・ホールディングスと合併し、商号変更した。この合併により、マツモトキヨシホールディングス、スギホールディングスに続くドラッグストア業界3位となる。

引用元:wikipedia

2018年度の売り上げ高業界7位の神奈川県横浜市に本社があります。

他のドラッグストアホールディングスのように吸収合併を行い店舗を増やしています。

同じく横浜市に本社を置くクリエイトSDも業界9位と激しい競争となっております。

 

今年更に増えると思われるどのQRコード決済を増やすのかによっても売り上げは大きく変わるかもしれません。

ココカラファインが扱うQRコード決済のキャンペーンなどには細かに情報を集めておいた方がいいでしょうね。

2019年4月26日にマツモトキヨシホールディングスとの資本業務提携に関する検討及び協議開始のニュースが飛び込んできました。2019年度上期中の合意及び最終契約の締結を目指しているようで、実現するとドラッグストアの勢力争いに更なる変化が起きそうですね。

ココカラファインの支払いで使えるのは何ペイ(Pay)?【ドラッグストア編】まとめ

ココカラファインの支払いで使えるのは以下

LINE Pay 

メルペイ 

今後PayPayや楽天Payなど主なQRコード決済サービスが使えるようになるかもしれませんね。

スポンサーリンク