ドラッグセイムスの支払いで使えるのは何ペイ(Pay)?【ドラッグストア編】

2019-05-09

ドラッグセイムス支払ペイ

昨年2018年はQRコード決済元年とも言われ、ペイペイが仕掛けた「100億円あげちゃうキャンペーン」では12月4日からたったの10日間で終了となりました。

その原因としては全額返金の異常とも言える確率と返金の上限金額が高かったせいで、転売が横行したことにあります。

なんせ運が良ければ全額(10万円相当)返金される可能性があったわけですから、全額返金の場合仕入がただになる訳で、転売ヤーが買いまくったことであっという間にキャンペーンが終了してしまい、

迷っている間に終わちゃった~

と残念に思っていた方は多いのではないでしょうか。

そして2019年に入りQRコード決済(pay)はシェア争いトップを取る為各社更なるキャンペーンを打ち出してきています。

政府も2025年までにキャッシュレス化を現在の20%から40%にまでし、将来的には80%までに高めたいと計画していることからも、否が応でもわれわれ消費者はQRコード決済のアプリをダウンロードする事になります。

しかし店舗によってQRコード決済の取り扱いがバラバラな為、皆さんきっと

この店舗の支払いで使う事が出来るQR決済サービスは何?

という疑問を持つと思います。

QRコード決済サービス会社は数十社あり今後も更に増えることも考えられるので、

この店舗はどのQR決済サービスが使えるの?

をわかり易く説明したいと思います。

事前にこの記事をチェックしておく事で、レジでもたつく事もなくなりますし、スマートに支払いを済ませる事が出来ます。

そこで今回はドラッグセイムスの支払いで使えるPayを調べました。

この記事を読んでわかる事

 ドラッグセイムスの支払いで使えるのは何ペイ(Pay)?

 ドラッグセイムスの店舗

スポンサーリンク

目次

ドラッグセイムスの支払いで使えるのは何ペイ(Pay)?

ドラッグセイムスの支払いで使えるのは以下になります。

 LINE Pay

 PayPay

 楽天ペイ

 d払い

 メルペイ

 AliPay

 WeChatPay

 2019年5月時点

他のドラッグストアに比べ、国内の主要なQRコード決済が使えるのは便利ですね。

今後は他のQRコード決済サービスが追加されることも考えられますので新たな情報が入りましたらお伝えしますね。

ドラッグセイムスの店舗

 
 
 
 
 
View this post on Instagram
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 

wekkさん(@woodenergykk)がシェアした投稿

創業地富山市での配置薬事業が起源。創業家の同族経営。日本全国に合計308ヶ所の営業所を設置して配置薬の販売を行っており、配置薬の分野では業界1位。テレビ・ラジオのCM(TBS系)も配置薬が中心。自社の富山工場でプライベートブランド(配置薬・セイムス等で販売)の一般用医薬品を中心とした製品生産も行っている。風邪薬の「ジキナ」・ビタミンB2・ビタミンB6製剤の「セイムビタン」が主な製品である。 近年では医療用医薬品の研究開発や製造販売も行う。 ドラッグストア事業は関東地方を中心に「ドラッグセイムス」の名称で店舗展開しているほか、調剤薬局も運営している。

引用元:wikipedia

松岡修造さんの宣伝でおなじみ「ドラッグセイムス」。

CMでも言っていますが、富山の薬売りを起源とし現在関東地方を中心に展開しているのが「ドラッグセイムス」です

 

今年更に増えると思われるどのQRコード決済を増やすのかによっても売り上げは大きく変わるかもしれません。

ドラッグセイムスが扱うQRコード決済のキャンペーンなどには細かに情報を集めておいた方がいいでしょうね。

ドラッグセイムスの支払いで使えるのは何ペイ(Pay)?【ドラッグストア編】まとめ

ドラッグセイムスの支払いで使えるのは以下

LINE Pay 

PayPay 

楽天ペイ 

d払い 

メルペイ 

AliPay 

WeChatPay 

今後他のQRコード決済サービスが使えるようになるかもしれませんね。

スポンサーリンク