JINSの支払い方法で使えるのは何ペイ(Pay)?【メガネ屋編】

JINS支払い何ペイ

平成最後の2018年はQRコード決済(バーコード)元年と言われ多くの方が色々な〇〇Payをダウンロードしたのではないでしょうか。

国内の主要なQRコード決済ですと、

Pay Pay

Line Pay

メルペイ

楽天ペイ

Origami Pay

d払い

au Pay

ゆうちょ Pay

などこの他にも色々あります。

2018年頃からそれぞれがお得なキャンペーンを打ち出すたびにアプリをダウンロードし、2019年気が付いたら主要なQRコード決済アプリがスマホの画面に全てそろっている人 は多いのではないでしょうか(笑)

しかし使おうと思った店舗がどのQRコードシステムなのかわからずに店頭でまごつく人が非常に多いようです。

それはそうです、全ての店舗がどのQRコード決済に対応しているのかなんて覚えきれるわけありませんよね。

そこで、店舗ごとにどのQRコード決済が使えるのかをまとめました。

これで店頭でまごつく事もなくなりますし、多数使える店舗ではどのQR決済システムがお得なのかをあらかじめ知っておけばお得な買い物ができますし、ポイントの損失もなく なります。

そこで今回はJINSの支払い方法で使えるペイ(Pay)は何?を調査しました。

この記事を読んでわかる事

 JINSの支払い方法で使えるのは何ペイ(Pay)?

 JINSの店舗

 JINSで購入した人の感想

スポンサーリンク

目次

JINSの支払い方法で使えるのは何ペイ(Pay)?

JINSの支払いで使えるQRコード決済サービスは以下になります。

 楽天ペイ

 2019年6月現在
Right Caption
楽天ペイのみか・・・
Left Caption
今後も楽天ペイのみとは思えませんよね
Right Caption
もう少し増えてくれるとありがたいの
 2019年6月26日より楽天ペイ対象加盟店でau PAYも利用できるようになりました。

楽天ペイメントとKDDIは6月26日、「楽天ペイ(アプリ決済)」の加盟店において「au PAY」を利用できるようにする。対象となる加盟店では、両サービスを利用できることを示すステッカーなどが掲示される。

 au PAYユーザーは、ステッカー掲示店舗において台紙または店舗アプリに掲示される共通QRコードを読み込んで決済することができる。一部の店舗では楽天ペイ(アプリ決済)のロゴしかないQRコードが掲示されている可能性もあるが、両サービスが使えることを示すステッカーが掲示されていれば、そのQRコードも「有効」だ。ただし、事前に「au WALLETアプリ」を最新バージョンにアップデートしておく必要がある。
 加盟店については、特に必要な操作なくau PAYユーザーを受け入れることができる。

引用元:ITmedia Mobile

メガネ販売店ではどのQRコード決済サービスと手を組むかによって売り上げも変わってきます。

先日のPay Payの「100億円あげちゃうキャンペーン」では家電量販店に人が殺到したことでわかるように、キャンペーン次第で来客数に大きな差が出てしまいます。

店も客にもメリットが大きそうですし、キャンペーンやポイントが増えれば更に来店頻度も上がる可能性もありますよね。

JINSでは今後、QRコード決済サービスが追加されることも考えられますので新たな情報が入りましたらお伝えしますね。

JINSの店舗

 
 
 
 
 
この投稿をInstagramで見る
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 

Takeshi Miyashitaさん(@m.tks73)がシェアした投稿

1987年4月、田中仁が信用金庫勤務を経て、群馬県前橋市で服飾雑貨製造卸を本業とするジンプロダクツを創業[3]。翌年に有限会社ジェイアイエヌを創業する。後年に、友人と出掛けた韓国で目にした眼鏡販売業の形態から、2001年に福岡県天神にJINS1号店を開店して眼鏡製造小売へ参入する。既存眼鏡店では価格が万円単位で完成引き渡しに数日を要していたが、従来の業界常識を覆す1本5000円の売価で即日仕上げる、画期的な低価格メガネとして全国的に業績を伸ばした[4]。
業界では後発だが、2013年度の販売本数は550万本で日本一、売上高は愛眼やメガネスーパーらを抜いて眼鏡市場チェーンのメガネトップ、パリミキチェーンの三城HDに続き国内3位[5]である。業界参入後は既存他社も格安均一価格店を拡大するなど市場競争が激化したが、2009年に医療用特殊素材を使用して重量が通常製品の3分の1およそ10 グラムの「Airframe」シリーズを発売し、累計1400万本を販売している[6]。2010年、中国・瀋陽に海外第1号店をオープン。家電量販店大手ヤマダ電機の中国初の店舗への出店だった[広報 2]。
従来はメーカーがデザインしたフレームを商社を通じて生産工場へ発注して、卸業者が店舗へ仕入れていたが、JINSは自社内デザイン開発室で全商品を企画し、生産工場と直接取引により大量発注して卸業者を通さず自社店舗で販売する手法で廉価販売を実現している。薄型非球面レンズは従来型レンズより高価だが、「どんなに視力が悪い人でも皆同じ金額にしたい」として薄型非球面レンズを標準装備。どのような薄さのレンズもフレーム表示価格で販売している。

引用元:wikipedia

私も最近はずっとメガネはJINSで購入しています。

自宅から近いこともありますが、何と言ってもJINSは薄型レンズでも追加がかからないのがド近視にはうれしいですよね。

しかもお得なものだと5000円で購入できるのもすごいですよね。

昔々のメガネは3万円とか当たり前でしたからJINSの企業努力は素晴らしいの一言ですね。

JINSで購入した人の感想

私も近いうちにこの「JINS switch」を購入予定です。

Zoffの「2WAYグラス」とどっちがいいかな?

JINSの支払い方法で使えるのは何ペイ(Pay)?【メガネ屋編】まとめ

JINSの支払いで使えるQRコード決済サービスは以下

 楽天ペイ 

(au PAY) 

昨年2018年はQRコード決済元年とも言われ、ペイペイが仕掛けた「100億円あげちゃうキャンペーン」では12月4日からたったの10日間で終了となりました。

その原因としては全額返金の異常とも言える確率と返金の上限金額が高かったせいで、転売が横行したことにあります。

なんせ運が良ければ全額(10万円相当)返金される可能性があったわけですから、全額返金の場合仕入がただになる訳で、転売ヤーが買いまくったことであっという間にキャ ンペーンが終了してしまい、

迷っている間に終わちゃった~

と残念に思っていた方は多いのではないでしょうか。

そして2019年に入りQRコード決済(pay)はシェア争いトップを取る為各社更なるキャンペーンを打ち出してきています。

政府も2025年までにキャッシュレス化を現在の20%から40%にまでし、将来的には80%までに高めたいと計画していることからも、否が応でもわれわれ消費者はQRコード 決済のアプリをダウンロードする事になります。

今まで静観していた方も、もうQRコードサービスを無視する事は出来ませんよね。

今後さらに他のQRコード決済サービスが増えるのは間違いないと思いますので、JINSの今後が楽しみですね。

スポンサーリンク