ビックカメラの支払い方法で使えるのは何ペイ(Pay)?【家電量販店編】

2019-05-12

ビックカメラ支払い何ペイ

平成最後の2018年はQRコード決済(バーコード)元年と言われ多くの方が色々な〇〇Payをダウンロードしたのではないでしょうか。

国内の主要なQRコード決済ですと、

Pay Pay

Line Pay

メルペイ

楽天ペイ

Origami Pay

d払い

au Pay

ゆうちょ Pay

などこの他にも色々あります。

2018年頃からそれぞれがお得なキャンペーンを打ち出すたびにアプリをダウンロードし、2019年気が付いたら主要なQRコード決済アプリがスマホの画面に全てそろっている人 は多いのではないでしょうか(笑)

しかし使おうと思った店舗がどのQRコードシステムなのかわからずに店頭でまごつく人が非常に多いようです。

それはそうです、全ての店舗がどのQRコード決済に対応しているのかなんて覚えきれるわけありませんよね。

そこで、店舗ごとにどのQRコード決済が使えるのかをまとめました。

これで店頭でまごつく事もなくなりますし、多数使える店舗ではどのQR決済システムがお得なのかをあらかじめ知っておけばお得な買い物ができますし、ポイントの損失もなく なります。

そこで今回はビックカメラの支払いで使えるペイ(Pay)は何?を調査しました。

この記事を読んでわかる事

 ビックカメラの支払いで使えるのは何ペイ(Pay)?

 ビックカメラの店舗

スポンサーリンク

目次

ビックカメラの支払いで使えるのは何ペイ(Pay)?

ビックカメラの支払いで使えるQRコード決済サービスは以下になります。

 LINE Pay

 Pay Pay

 d払い

 au PAY

 Alipay

 We Chat Pay

 2019年5月現在
Right Caption
ナント!!楽天ペイがつかえないのか!
Left Caption
クレジットカードは一通り使えますし、Pay PayやLine Payも使えますので割と利便性は良いのでは?
Right Caption
そうだな、わしもなんだかんだ言ってPay Payを一番多く使っているしな。
Left Caption
Pay Payもうすぐ第二弾が終了だが、きっと第三弾もあると思いますよ
Right Caption
期待しよう。

家電量販店ではどのQRコード決済サービスと手を組むかによって売り上げも変わってきます。

先日のPay Payの「100億円あげちゃうキャンペーン」では家電量販店に人が殺到したことでわかるように、キャンペーン次第で来客数に大きな差が出てしまいます。

店も客にもメリットが大きそうですし、キャンペーンやポイントが増えれば更に来店頻度も上がる可能性もありますよね。

ビックカメラでは今後、他のQRコード決済サービスが追加されることも考えられますので新たな情報が入りましたらお伝えしますね。

ビックカメラの店舗

 
 
 
 
 
View this post on Instagram
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 

せいこ_10代仔牛さん(@seiko_wagyu)がシェアした投稿

株式会社ビックカメラ(BIC CAMERA INC.)は、日本で家電量販店を経営する企業。
群馬県高崎市で創業、東京都豊島区池袋に本店を置き、2014年8月時点では16都道府県に直営34店舗を展開。
業界第2位。子会社にコジマ、ソフマップなどがある。

引用元:wikipedia

創業時は名前の通りカメラ専門のディスカウントストアでしたが、家電はもちろん酒類や高級ブランド品や自転車や玩具など多様な品目を取り扱い事業を拡大してきました。

ソフマップやコジマを子会社化しビックカメラは家電量販店業界2位となっています。

 

今年更に増えると思われるどのQRコード決済を増やすのかによっても売り上げは大きく変わるかもしれません。

ビックカメラが今後扱うかもしれないQRコード決済のキャンペーンなどには細かに情報を集めておいた方がいいでしょうね。

ビックカメラの支払いで使えるのは何ペイ(Pay)?【家電量販店編】まとめ

ビックカメラの支払いで使えるQRコード決済サービスは以下

LINE Pay 

Pay Pay 

d払い

au PAY 

Alipay 

We Chat Pay 

昨年2018年はQRコード決済元年とも言われ、ペイペイが仕掛けた「100億円あげちゃうキャンペーン」では12月4日からたったの10日間で終了となりました。

その原因としては全額返金の異常とも言える確率と返金の上限金額が高かったせいで、転売が横行したことにあります。

なんせ運が良ければ全額(10万円相当)返金される可能性があったわけですから、全額返金の場合仕入がただになる訳で、転売ヤーが買いまくったことであっという間にキャ ンペーンが終了してしまい、

迷っている間に終わちゃった~

と残念に思っていた方は多いのではないでしょうか。

そして2019年に入りQRコード決済(pay)はシェア争いトップを取る為各社更なるキャンペーンを打ち出してきています。

政府も2025年までにキャッシュレス化を現在の20%から40%にまでし、将来的には80%までに高めたいと計画していることからも、否が応でもわれわれ消費者はQRコード 決済のアプリをダウンロードする事になります。

今まで静観していた方も、もうQRコードサービスを無視する事は出来ませんよね。

今後さらに他のQRコード決済サービスが増えるのは間違いないと思いますので、ビックカメラの今後が楽しみですね。

スポンサーリンク