F1中国GPは新型コロナウィルスの影響で中止間違い無し!延期も無理な理由とは?

コロナウィルス中国GP

4月19日(日)に決勝が予定されている今季のF1第4戦中国GPがキャンセルされる可能性が極めて高くなってきている。
中国GPが開催される上海から直線距離にして700km強の位置にある武漢で発生した新型コロナウイルスにより、すでに560人以上が死亡したと伝えられる中、中国GPの開催に関して5日(水)に行われるF1ストラテジー・グループ(F1チーム代表や統括団体であるFIA(国際自動車連盟)などによって構成される意思決定機関)の会合で話し合いが行われることになるとされていた。
だが、このほど上海スポーツ連盟がコロナウイルスの感染拡大が終わって安全が確認されるまで上海での全てのスポーツイベントを延期するよう勧告を出したことが明らかとなった。
ストラテジー・グループにおいてどういうことが話し合われたのかは伝えられていないものの、いずれにしても今年の中国GPのキャンセルがほぼ確実な状況となってきているのは間違いないようだ。

引用元:https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20200206-00000005-fliv-moto

スポンサーリンク

目次

新型コロナウィルス蔓延ピーク

感染の拡大が懸念される新型コロナウィルスによる肺炎。
専門家は収束までに数カ月間を要すると指摘する。
東北医科薬科大学特任教授 賀来満夫先生「少なくとも数か月はまだかかるのでは、4月5月くらいがピーク。7月、8月くらいまではやはり続く可能性があります。福島県でも感染症の症例は発生する可能性はあると考えた方がよいと思います」

引用元:FNN PRIME

新型コロナウィルスはこれから4月・5月位がピークと言われています。

中国上海GPが4月19日開催ですので、もろピーク時期にあたる訳です。

F1はドライバーやチーム関係者だけでなく、メディアやテレビクルーなど大勢の人間がそれぞれの国からやってきます。

その誰かが感染し、もしもドライバーにうつしてしまったら・・・

自国帰国後発症しその国の誰かにうつしてしまったら?

負の感染スパイラルがどんどん大きくなってしまうのです。

このピーク時の4月に中国でレースを開催することは絶対に無理です。

上海と武漢の距離関係

コロナウィルスの中心源とされている武漢は中国大陸の大体中央に位置しています。

古くは三国志の頃ですと赤壁の闘いがあった場所になります。

その武漢から上海まで直線距離だと約700㎞になります。

700㎞と言われてもピンとこないと思いますので、日本で言いますと東京から兵庫あたりの距離となります。

新幹線で行けば3時間位なのでかなり近い距離です。

その為、上海GP中止が検討されているのです。

中国国内の大会中止

中国国内の主な大会中止

米女子プロゴルフ協会(LPGA)海南島で3月5~8日に開催予定だったツアー大会の中止

世界室内選手権南京で3月13~15日に開催予定も1年間の延期

中国のプロサッカーリーグ、スーパーリーグ開幕が延期

国際スキー連盟アルペンスキー男子のワールドカップ北京で2月15・16日開催中止

フォーミュラーe第6戦三亜のレースを、予定していた3月21日には行わないことを発表

過去GPレース延期なんてあった?

1995年パシフィックGP

パシフィックって何処の国?と思うかもしれませんが、日本です。

昔日本がF1人気で盛り上がっている時は日本で2レース開催とかしていたんです。

1995年パシフィックGPは岡山TI英田で4月に行われる予定でしたが、同年1月17日に発生した阪神淡路大震災により4月⇒10月へと延期になり、10月22日岡山パシフィックGP次週10月29日鈴鹿日本GPと日本で2週連続開催となりました。

1985年ベルギーGP

補修したばかりの路面のアスファルトが剥がれるというアクシデントが発生。

予選後に路面の再補修が行なわれたが、路面状況が危険と判断され延期。

同年9月に開催

年々レースが増えている現状延期は無理?

レースが増えれば主催者はお金が入りますので、レース数を増やしたい気持ちもわかりますが、2020年シーズンは史上最多22レースが予定されていました。

2010年は全19戦

2000年は全17戦

1990年は全16戦

1980年は全14戦

ご覧のように徐々に徐々にレース数を増やしています。

F1は別名「F1サーカス」など言われるように、世界中を転戦します。

おもにヨーロッパのサーキットを中心に転戦しますが、アメリカ・南米・アジアなどとんでもない移動距離になります。

ドライバーも自由に自宅に帰る事が少なくなりますが、メカニック達はシーズンオフの冬にしか自宅に帰れない事もあります。

現場の本音としては

「これ以上レースを増やしてほしくない」

「21レースで十分」

が本音でしょう。

噂では9月27日に行われるロシアGPと日程入れ替えを考えているとされていますが、まず無理でしょうね。

ロシアからすれば9月レース予定を4月に変えろといわれても準備が間に合わないからです。

現状新型コロナウィルスで亡くなった方が増え続けている現状4月の中国GPは中止間違いありません。

延期といってもこれだけ過密になったレーシングスケジュールでは簡単に出来ません。

F1サーカスには冬のオフシーズンの他に夏のサマーブレイクが3週間あります。

ここに中国GPをねじ込むか、または、アジア地区を転戦する秋に中国GPを開催との噂もあります。

9月20日シンガポールGP

9月27日ロシアGP

10月11日日本GP

ロシアと日本の間の10月4日に中国GPをねじ込むと、4週連続開催となってしまいます。

しかも中国は通関に非常に時間がかかることから、どう考えても無理。

そのため2020年シーズンは21戦での闘いになるはずです。

F1中国GPは新型コロナウィルスの影響で中止間違い無し!延期も無理な理由とは?まとめ

中国GP延期は無く中止の理由

  • コロナウィルスのピークが4月~5月になるので4月の中国GPは開催不可能
  • コロナウィルス発生源武漢と中国GPが行われる上海は700㎞で近い
  • 2020年F1は全22戦の過密スケジュール
  • 中国GP延期したくても過密スケジュールでは無理

スポンサーリンク