フェラーリ入りが確実視されているカルロス・サインツの経歴がアロンソ先輩と同じでチャンプ確定?

2010年、2011年、2012年、2013年のF1ワールドチャンピオンでフェラーリドライバーのセバスチャン・ベッテルが2020年限りでチームを離脱する事を発表。

これにより、熾烈なシート争奪戦が勃発するかと思いきや、早々に次期フェラーリドライバー候補に現マクラーレンのカルロス・サインツの名前があがっており、フェラーリ入りは確実とされています。

フェラーリ入りするとカルロス・サインツの経歴が、スペインの英雄フェルナンド・アロンソ先輩とほぼ同じになるのです。

そこで今回はカルロス・サインツの経歴とフェルナンド・アロンソの経歴を比較してみます。

スポンサーリンク

目次

カルロス・サインツF1経歴

カルロス・サインツ経歴

2015年トロ・ロッソ
2016年トロ・ロッソ
2017年トロ・ロッソ(シーズン途中ルノーへ移籍)
2018年ルノー
2019年マクラーレン
2020年マクラーレン
2021年フェラーリ?
 
 
 
 
 
この投稿をInstagramで見る
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 

もっちもち(@mocchi0.01)がシェアした投稿

フェルナンド・アロンソF1経歴

フェルナンド・アロンソ経歴

2001年ミナルディ
2002年ルノーテストドライバー
2003年ルノー
2004年ルノー
2005年ルノー
2006年ルノー
2007年マクラーレン
2008年ルノー
2009年ルノー
2010年フェラーリ
2011年フェラーリ
2012年フェラーリ
2013年フェラーリ
2014年フェラーリ
2015年マクラーレン
2016年マクラーレン
2017年マクラーレン
2018年マクラーレン
 
 
 
 
 
この投稿をInstagramで見る
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 

miwao🇯🇵☺️🇯🇵(@miwalonso_japon14)がシェアした投稿

フェルナンド・アロンソデビューのミナルディは後のトロ・ロッソ

ミナルディはかつてイタリアのプライベートチームとして1985年~2005年まで参戦していたチームです。

プライベートチームといっても実質活動初期はまともに走る事も出来ないチームでしたが、徐々に成績を残すようになる。

1989年今とは違いチーム数が多すぎた為、予備予選と言うシステムがありポイントが取れなければ予備予選組になる危機のイギリスGPでピエルルイジ・マルティニが5位、ルイス・ペレス=サラ6位のW入賞で回避。

当時は6位までしかポイントがもらえず、マクラーレン、フェラーリ、ルノーの3強が強くポイント獲得が難しい時代でしたので、弱小チームミナルディのW入賞は奇跡的だったのです。

その後バブル崩壊で日本企業離れや世界的経済不況によりミナルディのように沢山いたはずのプライベートチームが次々とチーム消滅していく中で、しぶとく生き残っていきます。

生き残るだけでなく、新人選手発掘能力にも長けており、アレッサンドロ・ナニーニやジャンカルロ・フィジケラやマーク・ウェバーやフェルナンド・アロンソなど将来有望なドライバーを起用するなどF1チームになくてはならない存在でした。

しかし惜しくも2005年でミナルディチームはレッドブルに売却し、ミナルディチームはトロ・ロッソへと名前を変えています。

トロ・ロッソは元ミナルディと言う訳です。

 
 
 
 
 
この投稿をInstagramで見る
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 

Minardi(@minardi_official)がシェアした投稿

2003年ミナルディのドライバーはヨス・フェルスタッペン。

現レッドブル・ホンダのマックス・フェルスタッペンの父親でドライバーシートに座っている坊やこそ幼き頃のマックス・フェルスタッペン。

この頃はまだミナルディでしたが、この12年後には実際にトロ・ロッソのシートを得てデビュー。

全く同じコースを進む先輩アロンソ後輩サインツ

ミナルディ(トロ・ロッソ)⇒ルノー⇒マクラーレンとまったく同じ道をたどっているアロンソとサインツですが、アロンソはマクラーレンをわずか1年で離れ元のルノーに出戻っています。

これはチームメイトでルーキーのルイス・ハミルトンとの確執やチーム体制の不満から契約を2年残し離脱。

ルノーで2年を過した後にフェラーリ入りしていますので、カルロス・サインツもフェラーリ入りするとほぼ同じ経歴になる訳です。

F1ルーキー時代からのチーム履歴がほぼ同じというのも凄い偶然ですが、サインツもアロンソも同じスペイン人ドライバーという偶然も重なっています。

このままフェルナンド・アロンソの経歴と同じようにワールドチャンピオンを取れるドライバーとなるのか楽しみですね。

そして、カルロス・サインツには不思議な力があり、サインツが加入するとそのチームが前年の不振が嘘のように成績が向上する「あげまん」伝説があります。

フェラーリ入りが確実視されているカルロス・サインツの経歴がアロンソ先輩と同じでチャンプ確定?まとめ

カルロス・サインツが2021年フェラーリ入りする事が出来たとしても、すぐチャンピオンになる事は難しいはずです。

メルセデスは相変わらず強そうですし、レッドブル・ホンダも強さを見せるはずです。

しかしカルロス・サインツの不思議な伝説の力があればもしかしたらあり得るかもしれません。

同郷のアロンソを師を仰ぐカルロス・サインツの今後に目が離せませんね。

2021年も面白そうですが、今年2020年もコロナ禍で開幕がいつまでたってもはっきりしませんが、7月開幕をめざしているようです。

開幕が遅れた分大いに盛り上がりそうなF1を無料視聴する方法はこちらから。

スポンサーリンク