コロナ篭りで子供がおもちゃに飽きてグズグズ!それすぐサブスクで解決!

子供おもちゃ飽きる

今現在日本では新型コロナウイルス禍で誰もが初めての経験の非常事態宣言下となっています。

不要不急の外出を避けろと言われて家にいると子供はグズグズ
自宅に巣篭りしても子供はおもちゃに飽きてグズグズ
このままでは親子そろってストレスでどうかなっちゃいそう

その悩みはよくわかります。おそらく日本全国小さなお子さんを持つほとんどのお母さんはこのように思っているはずです。

大人でもストレスになる自宅巣篭りは子供はもっとストレスを感じます。

せめて子供に飽きさせないおもちゃってないの?

そんな疑問にお答えします。

スポンサーリンク

目次

無駄をなくし本人に合ったおもちゃ探しはサブスクがベスト

子供は空を飛ぶ鳥である。気が向けば飛んでくるし、気に入らなければ飛んでいってしまう。

これはロシアの作家、ツルゲーネフのお言葉です。

特に子供(幼稚園前位)は気まぐれで、あっちを向いたかと思うとこっちを向き、気が向けばおもちゃで遊びますが、飽きると飛んで行った鳥のようにそっぽを向いてしまいます。

そんなお子さん(幼稚園前位)に与えるおもちゃはサブスクがベストです。

サブスクとは「サブスクリプションサービス」の略で、近年特に伸びているサービスになります。

サブスクは定額料金を支払うことで、その期間一定のサービスを受ける事が出来るものです。

わかりやすく例をあげると不要不急の巣篭り生活にぴったりの動画サービスです。

AmazonプライムビデオやU-NEXTなど定額料金を月額払えばその中のコンテンツが見放題となります。

昔の映画やドラマや見逃した番組など見る事が出来る為、テレビの視聴率は年々右肩下がりです。

又同じく音楽配信サービスなどもそうです。

定額料金で音楽聞き放題!

CDを買って聞く時代から、自分のスマートホンで好きな音楽を聞く時代へとなりましたので、街のレコード屋さんは一軒また一軒と店じまい。

それと同じで、おもちゃもサブスクの時代へとなっています。某有名大手おもちゃ屋も今後どうなるかわかりません。

今後定額料金で違うおもちゃが届けられるおもちゃのサブスクがメインとなるのも時代の流れ。

何故今後おもちゃがサブスクの時代になるのか説明しましょう。

子供を以前のように外で遊ばせる事が出来ない

「外出は控えて下さい」

ニュースではキャスターが口々に視聴者に注意を呼びかけています。

今は新型コロナウイルス禍で日本全国緊急事態宣言が発令されています

そんなことはわかっているけど、子供は我慢できません。

特に幼稚園前のお子さんは外で遊びたいのです。

子供の成長には太陽の光が必要です。

日光を浴びる事で体内時計は正常になります。

元気一杯飽きるまで外で遊具遊びや砂場遊びやかけっこなどさせたいと誰もが思うはずです。

しかし現在は緊急事態宣言下にあります。

戦争を知らない世代がほとんどの今の国民にとって、生涯初めての緊急事態宣言です。

戸惑うのは当たり前であって、これからどう子供を守っていかなくてはならないのか不安になるでしょう。

今まで当たり前だった外遊びが出来ない子供とそのお母さんはどの様に思っているのでしょうか?

お母さんたちの想い

やはり皆さん本当に困っています。

公園なら三蜜にならないだろうと思って行ってみたら、皆同じ考え方で、公園混雑!

割と空いている公園に行っても、子供ってすぐ密着するので、ソーシャル・ディスタンスなんて無意味な為、感染の危険があります。

愛おしい我が子を守るためには大人も子供も出来るだけ他人に近づいてはいけないのです。

いつまで続くのかわからないが、今は自宅で過す事がお互いを守る事になるのです。

でも、自宅で巣篭りの場合、子供がすぐおもちゃに飽きて困りますよね。

自宅巣篭りだとおもちゃにすぐ飽きる

コロナ禍前は外遊びしてから自宅でおやつを食べ、おもちゃで遊ぶという様なパターンだった場合、

外遊びが一切なくなるわけですから、おもちゃ遊びが自宅での過ごし方となります。

そうすると、おもちゃと過ごす時間が増えますので、おもちゃに飽きられる事がどうしても多くなります。

お気に入りで一日遊んでも飽きないというお子さんも中にはいるでしょうが、あまりいないのではないでしょうか?

ひとえにおもちゃと言っても色々なジャンルがあります。

ブロック系や人形系やパズル系や体を使うおもちゃなど多種多彩にありますので、子供に飽きさせない為に、どのジャンルのおもちゃが良いのかわからない親御さんも多いのです。

どのようなジャンルを選べば良いのかわからない

男の子なのにおままごと遊びが好きな子もいるでしょうし、女の子でも男の子が好きそうな武器系おもちゃが好きな子もいます。

又、身体を動かす事が好きではない子供にボールのおもちゃを買っても全く遊ばなかったりなどはよくある事です。

そしてお子さんは成長と共に興味や好みもどんどん変わってきます。

前はこのジャンルが好きだったから、同じジャンルのものを買ったのに全く遊ばなかったなんてこともよくある事です。

高かったのに一日で飽きられた

そして一番ショックなのがこの

「せっかく奮発して買ったのに~」です。

おもちゃ屋さんで「これが欲し~」攻撃でしぶしぶ高いおもちゃを買ったのに、

家で遊んだらそれほど面白くなく、すぐに飽きちゃうパターンです。

実物を見ずにネット買いは不安

そしてネットの口コミなどを見ていたら高評化!

コレ欲しいなと思っても、実物を見る事が難しい程自宅から遠い所にあるおもちゃ屋さん。

近くにおもちゃ屋さんが無い場合どうしてもネット買いになってしまい、実物が届いてがっくりなんてこともよくある事です。

知育玩具って高いから失敗したくないけど・・

現在の知育玩具のレベルは凄いです。

我々が子供の頃のおもちゃと違い、科学的に考えられています。

子供の成長に必要な指先を使う遊びやバランス感覚を養うものや磁石や音を上手く使った知育玩具がいろいろあります。

もちろん手軽な価格のものもありますが、大人が見て良くできているなと思える知育玩具は結構高く、一万円を超える物も結構あります。

これも子供によかれと買ったが、そっぽを向かれたなんて悲しいですよね。

結局物置の肥やしになるかまとめてリサイクルショップへ

これら子供のおもちゃって捨てられず物置の肥やしにしていませんか?

我が家もそうです。

物置にいつまでも昔のおもちゃが沢山あります。

幼稚園前位の時のおもちゃって子供が大きくなるともう絶対に遊びません。

小学生が5歳児の知育玩具では遊びませんし、触る事もありません。

ですので結局は物置の肥やしになってしまっています。

肥やしと言っても、結構なスペースを取られてしまいますので、かなり邪魔なんですよね。

そこでリサイクルショップで買い取ってもらうとおもちゃを持って行くと、これがまた驚くほど安くたたかれます。

「一万円もしたのにたったこれだけ~どんだけ~!」

今更持って帰っても面倒くさいので、結局二束三文でも売ってしまうんですよね。

つくづく子供(幼稚園前)のおもちゃって無駄だなーと実感します。

おもちゃのサブスクはこれらの不安から解放され問題解決

そこでおすすめするのがおもちゃのサブスク国内最大級で継続率97%の満足度を誇る

「Toysub(トイサブ)」です。

プロが厳選したおもちゃが届く

おもちゃのサブスクでは定期的におもちゃが届きます。

届くと言っても、適当に選んで送りつけるのではなくて認定プランナーが月齢、性別、嗜好性に合わせプロの目でチョイスします。

これは思いつきや感覚で選ぶのではなく、過去の膨大なデータを元にその子供に最適化されたおもちゃを選ぶということです。

おもちゃを入れ替えするので増え続けず部屋広々

そしてサブスクですので、おもちゃを入れ替えます。

つまり今まで遊んだおもちゃを返却し、新しいおもちゃを送ってくれるものです。

これがサブスクの良い所で、せっかく買ったのに気に入らなかったおもちゃはずっと部屋の何処かを占有しますが、サブスクだと返却するのでお部屋はいつも広々キレイな状態を保ちます。

子供は探究心が強いので新しくやってきたおもちゃをどう遊ぶか心待ちしています。

おもちゃが届いたらもう夢中です。

もちろんおきに入りのおもちゃは延長可能で買い取りも可能です。

プランナーがお子さんの可能性を伸ばしてくれる

そして一番の良い点は親の思い込みが無いという事です。

この子はこのジャンルが好きだろうという固定観念が親にはあります。

これが好きだろう・好きに違いないといった親の勝手な妄想です。

しかし、他人である認定プランナーはおもちゃのプロですので、親が選ぶ事がないジャンルを選ぶ事もあります。

親の固定観念はお子さんの成長を鈍らせる事もあります。

盲目のピアニスト辻井 伸行さんは2歳の時、両親からプレゼントされたおもちゃのピアノがきっかけであれだけの天才ピアニストになったのです。

あの時のおもちゃのピアノが無ければ今の辻井 伸行さんはいなかったかもしれません。

通常の親ですと、ピアノは弾けないだろうと思いがちですが、子供は無限の力を持っています。

辻井 伸行さんがそれを証明しています。

特にその位の年のお子さんは親が色々な可能性を探ってあげるべきなのです。

親の固定観念のせいで子供の才能の芽を摘む事は許されません。

子育て経験のあるママさんスタッフが清掃

サブスクはおもちゃの入れ替えですので、当然それは新品でない場合もあります。

誰かが使ったおもちゃをキレイに清掃してからそれを必要なお子さんの元へと送ります。

おもちゃも色々あり、プラスティックのものから木材から電子機器もあります。

それら子育て経験者を中心としたおもちゃ清掃スタッフが「このおもちゃを自分の子供に与えられるか?」という基準で徹底したクリーニングを行います。

今は特にコロナで菌に敏感になっていますので、徹底した管理の元綺麗な状態で送ります。

利用者の声

月齢にあわせた色々なおもちゃを利用できる点に魅力を感じて、トイサブ!を始めました。また、自宅がマンションで収納にも限りがあるため「レンタルだから家におもちゃが溜まらない」という点も魅力に感じました。実際に使い始めると、上記に加えて気に入ったおもちゃはそのまま継続して使えたり、自分たちでは買わないであろうおもちゃで遊ぶ機会を与えられるという点もとてもよいなと思っています。

月齢にあったおもちゃを与えてあげたいと思ったのですが、第一子ということもありどんなおもちゃを買えばよいか分からず困っていました。高価な知育玩具を買ったけど遊ばない、ということになるともったいないし…トイサブ!では子供の発達とおもちゃの関係をよく理解しているプランナーさんがおもちゃを選んでくれるので、毎回子供がとても楽しく遊んでくれるので、利用して本当によかった!と思っています

おもちゃが増えて捨てるに捨てられず困っていたため、これ以上おもちゃを増やしたくないと思ってトイサブ!を利用することにしました。また、これまでは子供が好きな車や電車のおもちゃばかり買っていたのですが、トイサブ!では乗り物以外にも様々な玩具を送っていただけ、「こんなおもちゃで遊ぶんだ!」と驚いたことも何度もあります。子供の新しい可能性を発見していただけたようで、とても嬉しかったです!

近年メディアからも大きく取り上げられています

メディア

他社比較表

ToysubA社B社
料金3,3402,980(スタンダード)
3,140(プレミアム)
2,340(お試し)
3,980(通常)
交換時期2か月に一度2か月に一度2か月に一度(お試し)
毎月(通常)
送料無料無料1,000円
おもちゃの数6個4~6個4~6(お試し)
5~7(通常)

毎月この料金は高い?

おもちゃって結構高いです。

トイザ〇〇などのおもちゃ屋さん行ってみればわかりますが、1,000円、2,000円ではあまりよさそうなものは買えません。

幼稚園前は特に脳の発達が活発でこの時期色々な体験・経験をさせる事によって今後の成長につながります。

その為知育玩具が人気なのですが、

5,000円以上は当たり前で10,000円する物も。

「3才児おもちゃ」で検索してみると

これを飽きずに遊んでくれればいいのですが・・・・

そう考えると、サブスクは言ってしまえば中古品をレンタルしお互い無駄なく安く使用することで成立しているシステムです。

新しいおもちゃが届いた時のお子さんの顔を思い浮かべてみてください。

笑顔いっぱいでグズグズともさようならです!

おそらく非常事態宣言は5月6日では解除になる事はないでしょう。

もうしばらく長期戦になるもようです。

お子さんのストレスを軽減する事はお母さんのストレスも軽減する事にもなります。

お子さんの笑顔を曇らせない為にも是非試してみてみて下さい。

スポンサーリンク