飲む日焼け止めヘリオケアは本当に効果がある?2016年夏は身体の内外からUVケアを

この夏、海へ行こうと計画している方。

UVケアはしっかり考えていますか?

夏の強烈な紫外線は塗るUVケアだけでは不十分です。

身体の内外からしっかりガードし対策することが大事です。

若い頃UVケアを怠ると、間違いなく中年になってから隠れシミなどがどんどん出てきます。

その時後悔しても、もう遅いのです!

スポンサーリンク

夏の日焼け

若い頃は

夏=真っ黒!

夏に真っ白=イケテない!

美白?なんじゃそれ!

そんな周りの風潮でしたので、夏は海に繰り出しアホのように日光浴・・・

帰る頃には全身ヒリヒリ真っ赤で全身やけど状態。

若い頃って意味もなく海へ行って肌を焼いていましたよね。

案の定、30代にもなってくると顔にシミが現れ始めました。

しかもどんどんどんどん出てきます。

日焼け記憶シミ・・・老人性色素班とも言います。

イヤッーーーー・・・老人?

加齢と共に若い頃に肌に受けた紫外線の影響がどんどん出てきて、しかも徐々に濃くなってゆくのです。

毎朝鏡を見るたびため息が出ます。

若い頃もう少し肌ケアの事を考えればよかったと思っても遅いのです。

女性ならなおさらそう思う事でしょう。

私が加齢と共に発症した日光アレルギー

20代の頃夏の終わりころでしょうか、手に虫刺されの様なかゆみを伴う発疹ができました。

虫刺されかな?

かゆみは虫刺されに似ていますが、虫刺されと違い少しにごったような体液が少しずつ出ています。

触らないと体液がかたまり止まるのですが、取ってしまうとまた少しずつ出てきます。

これは一体何??

気が付くとそれは収まりいつの間にか無くなっています。

しかしその症状は次の年の夏、しかも大量の紫外線を浴びた日焼け後に又出てきます。

しかも以前より発疹の数が増えています。

それでもその頃はあまり気にせず深くは考えていませんでした。

だが、3年程前に家族で行った千葉の南房総でその恐ろしき魔物が牙をむいたのです。

身体や顔は日焼け止めクリームを塗り海パンにラッシュガード。

これで日焼け止めはバッチリ!!

とおもっていたのですが、足首から先に塗り忘れていたのです。

次の日の朝、足首や足の甲に大量の発疹!しかもものすごいかゆいのです。

えっ?なんで砂浜で虫刺され??

蚊なんかいなかったし、いるわけないのに?

両足合わせて20か所位発疹が出ており、かゆくてたまりません。

旅行どころじゃなく、車の運転も大変でした。

後日皮膚科に受診したところ、

日光アレルギーによる皮膚湿疹であろうとのことでステロイド剤を処方され、発疹は収まりました。

日光アレルギーは花粉症のアレルギーと一緒で、ある一定までの容量は発症しないのですが、その限度を超えてしまうと発症するものです。

ペットボトルに水を入れるのと同じで満杯になったらあふれ出るのと同じですね。

若い頃から浴び、蓄積された紫外線がキャパオーバーになった為日光アレルギーを発症したようなのです。

自分は大丈夫

と皆さん思っていますが、それは誰にも起こり得ることなのです。

その時の発疹の痕は今でも何か所かは赤黒く残っております。

夏はサンダルなどを履きますので、ちょっといやですね。

女性だったらショックでしょうね、サンダル履きたく無くなるでしょうね。

それだけ紫外線というのは目に見えないけど恐ろしいものなのです。

知らず知らずに蓄積されているものなのです。

飲む日焼け止めへりオケア

数年前から身体の外ではなく身体の内から紫外線を防ぐサプリメントのヘリオケア

が注目されています。

ヘリオケアの主成分はシダ植物の抽出物からつくられており

  • 抗酸化作用
  • DNA保護作用
  • 免疫防御作用
  • 皮膚構造維持作用
  • などの皮膚保護作用があります。

    専門の皮膚科医も進めていることもあり、年々注目されているサプリメントなのです。

    服用は効果が30分後からで、持続時間が5時間位。

    シダ類など植物由来成分の為副作用も認められないそうです。

    *授乳中、妊娠中の方は使用をお控えください

    最近では山ガールや釣りガールなどアウトドア派の女子が増えています。

    身体の内と外から紫外線をガードしておもいっきり夏を満喫しよう!

    ギラギラ太陽
    この夏話題沸騰!ヘリオケアはこちらから【楽天】

    購入者の声

    日焼けしにくいと思います

    マリンスポーツは日焼け止めクリームを塗っても落ちるのでヘリオケアは欠かせません

    4年程愛用。使用前より焼けない

    全く焼けないわけではないが肌の回復が早いかも

    炎天下の外仕事だがサングラスをかけるわけにもいかないので助かる

    目から入る紫外線予防の為愛用しています

    服用しないときに比べると軽度で済みましたが、やはり塗る日焼け止めとの併用が大切です

    塗るタイプの日焼け止めを使用できないときでもこれを飲めば安心感があります

    スポンサーリンク