黒川芽以2019年出演映画は?あらすじや共演者

黒川芽以2019年出演映画

2019年注目される女優といえば黒川芽以さんです。

2019年は映画だけでも5作品に出演されます。

そこで2019年ブレイクの予感がする黒川芽以さんの

この記事を読んでわかる事

2019年に出演する映画は?

それぞれの映画のあらすじ

それぞれの映画のキャストは?

以上について調べてみましたので、黒川芽以さんが気になる方はぜひ最後までご覧くださいね。

スポンサーリンク

目次

21世紀の女の子「セフレとセックスレス」

21世紀の女の子はオムニバス映画として短編15編の中のひとつの作品「セフレとセックスレス」に黒川芽以さんが出演。

それぞれの映画の長さは短編作品が15もありますので8分以内という時間の制限がある中でしっかりとストーリー構成しなくてはなりませんので、作り手と演じ手お互いの技量が試される映画の作りとなっています。

  • 監督:ふくだももこ
  • キャスト:木口健太
  • 公開:2月8日

あらすじ

21世紀の東京には、個性豊かな、「映画の女の子」たちが生きています。
暗闇の内側で、その姿を輝かす彼女たちは、
この宇宙では、まだ、とても貴重な一等星だと名指されるのでした。
このたった今、映画へと向かい合う、
確固たる意志と、はなやかな才能を秘めた力強い作家たち。
1980年代後半〜90年代に生まれを持ち、20世紀の惜春を見おろす
それらの才能を、21世紀の便箋に、定点観測し、鮮やかに記録する。
オムニバス企画に収まりきらないほどの流れ星を追いかけるような
この試みは、やがてたった一つの星座を描くことになります。
短篇集のタイトルは、『21世紀の女の子』(英題:21st Century Girl)。
本作品には、映画の未来の星々そのものである、
15名の新進監督がチャレンジを表明。
手渡された封筒はたった一つ、
“自分自身のセクシャリティあるいはジェンダーがゆらいだ瞬間が映っていること”
全篇に貫かれた共通のテーマを、
各々の地点から、8分以内の短編で表現し、1本のオムニバス作品となります。
21世紀の女の子の、女の子による、女の子のための、とびっきりの映画たち。
真の「21世紀の女の子」の姿を、
あなたの目で、私たちの目で、確認してみましょう。

引用元:21世紀の女の子公式サイト

短編作品15作品がある中でも「セフレとセックスレス」は評価が高い作品のようですね。

美人が婚活してみたら

  • 監督:大久明子
  • 脚本:じろう(シソンヌ)
  • 原作:とあるアラ子
  • キャスト:黒川芽以、臼田あさ美、田中圭、中村倫也、杉村蝉之介、レイザーラモンRG、市川シンペー、萩原利久、矢部太郎、平田敦子、成河

あらすじ


主人公のタカコは道行く誰もが振り返る美女。WEBデザイナーという仕事にも恵まれ、愚痴を聞いてくれるケイコという親友もいる。しかし、長くつきあってから相手が結婚していることが発覚するという恋愛が3回も続き、気づけば32歳になっていた。不毛な恋愛に疲れ果てたタカコの口から「死にたい……」という言葉がこぼれ出たその夜、タカコは結婚を決意し、婚活サイトに登録する。マッチングサイトで出会った本気で婚活に励む非モテ系の園木とデートを重ねながら、シングルズバーで知り合った結婚願望のないバツイチ・イケメン歯科医の矢田部に惹かれていくタカコ。実は自身の結婚生活に悩んでいたケイコは、タカコが結婚後についてまったく考えていないことに苛立ち始め、2人はとうとう本音を激しくぶつけあう大げんかをしてしまう。

引用元:公式ページ

この「美人が婚活してみたら」の記事はこちらを参照してください。

 黒川芽以は〇〇に似てる?

はずれ家族のサーヤ

  • 監督:岡本未樹子
  • キャスト:横溝菜帆、黒川芽以、田村泰二郎
  • 公開:2019年3月2日

 

あらすじ

恋人の子を身ごもり、新しい生活を選んで出て行った母に取り残された沙綾は、それからずっと祖母と2人暮らし。“家族”の枠から外れたまま、今では小学三年生に成長していた。沙綾を家に呼び寄せることが出来ない母は時折、父親の異なる弟・光希を連れて会いにくる。光希とは仲が良かったが、父母と一緒に暮らせる弟に羨ましさを覚える沙綾。そんなある日、学校帰りの沙綾が公園で出会ったのは、古い木箱を売るおもちゃ売りの男。何の変哲もないその箱には、不思議な力があるというのだが……。

引用元:ムービーウォーカー

主演の 横溝菜帆 さんはテアトルアカデミー所属、若干10歳にしてドラマやCMなど多数出演されていますので、どこかで一度は観ているはずの注目子役。

その天才子役と黒川芽以さんのガチンコの演技が見ものです。

僕に、会いたかった

  • 監督:錦織良成
  • エグゼクティブ・プロデューサー:EXILE HIRO
  • キャスト:TAKAHIRO、山口まゆ、板垣瑞生、柴田杏花、浦上晟周、小野花梨、黒川芽以、秋山真太郎、小市慢太郎、松坂慶子、他
  • 公開:5月10日

あらすじ

EXILE TAKAHIROが映画単独初主演を務め、記憶喪失の漁師役を演じた人間ドラマ。かつて凄腕の漁師だった徹は、12年前に起きたある事故をきっかけに記憶を失ってしまう。漁に出られなくなった彼は、献身的な母や優しい島の人々に見守られ、苦悩しながらも懸命に今を生きようとしていた。そして、その裏側には、家族の温かくも切ない秘密があった。主人公の母を松坂慶子が演じるほか、名バイプレーヤーの小市慢太郎、「くちびるに歌を」の山口まゆ、「ソロモンの偽証」の板垣瑞生らが共演。「渾身 KON-SHIN」など島根県の隠岐諸島を舞台にした作品を手がけ、今作でも同地を舞台に描く錦織良成監督がメガホンをとった。

引用元:映画.com

TAKAHIROさんが初主演映画とあって公開前から大きな話題となっているのが「僕に、会いたかった」です。

エグゼクティブ・プロデューサーにEXILE HIROさんということで気合い十分なようですが、一体エグゼクティブ・プロデューサーってどんな役割なんでしょうかね?

Right Caption
イメージ的にはプロデューサーの後ろの豪華な椅子で葉巻を咥えながら「その演技、ちょっと違う!」とか言う感じ?
Left Caption
葉巻とかは咥えていないと思いますが、プロデューサーのさらに上の職を指すもので、管理職・幹部に当たるのがエグゼクティブ・プロデューサーです。

大きな注目を浴びるこの「僕に、会いたかった」で共演する黒川芽以さんの演技に注目ですよ。

そして母親役には松坂慶子さんということで「愛の水中花」を思い出すのは中年世代だと思います。

「これもアイ、あれもアイ、たぶんアイ、きっとアイ!」

ということで松坂慶子さんの網タイツ姿にドキドキしていた若き少年も、今や疲れた中年!(笑)

懐かしいですね。

あの名曲「愛の水中花」が現代の犯罪撲滅の為に一役買っていたのですね。

おじいちゃんおばあちゃんがいるご家庭には是非一度見せてあげて下さいね。

ダンスウィズミー

Left Caption
超大御所宝田明さんも出演されていますね。
Left Caption
現在84歳ということもあって大分お痩せになっていますが、元気で何より。
Right Caption
どう見ても久米宏さんにしかみえないのォ
Left Caption
黒川芽以さん何処にいるかわかりませんね。
 
  • 監督:矢口史靖
  • キャスト:三吉彩花、鈴木静香、やしろ優、斎藤千絵、chay、山本洋子三浦貴大、村上涼介、ムロツヨシ、渡辺義雄、宝田明、マーチン上田、黒川芽以
  • 公開:8月16日

あらすじ


「スウィングガールズ」「ハッピーフライト」の矢口史靖が監督・脚本を手がけたミュージカルコメディ。一流商社で働く鈴木静香は、催眠術師に「曲が流れると歌って踊らずにいられない」という“ミュージカルスターの催眠術”をかけられてしまう。その翌日から、静香は携帯の着信音や電車のホーム音など、あらゆる音楽に反応するように。困り果てた彼女は術を解いてもらおうと催眠術師のもとへ向かうが、そこは既にもぬけの殻だった。「グッモーエビアン!」の三吉彩花が主演を務め、ミュージカルシーンの全ての歌とダンスを吹き替えなしで演じる。共演には、お笑い芸人のやしろ優、シンガーソングライターでモデルのchay、「怒り」の三浦貴大、「銀魂」のムロツヨシ、ベテラン俳優の宝田明ら個性豊かなキャストが集結。

引用元:映画.com

たぶんこの映画は夏公開映画の中でも大ヒットする予感がします。

主演の三吉彩花さんはじめ,やしろ優さんやムロツヨシさんなどの出演陣はもちろんのこと、話がおもしろそうですよね。

黒川芽以さんも存在感を示してほしい所ですね。

黒川芽以2019年出演映画まとめ

いかがでしたでしょうか?黒川芽以さんは2019年映画に5本も出演されることからも、業界では大きく注目されている女優さんです。

どの映画も話題作ですので、劇場に足を運んでみてはいかがでしょうか。

スポンサーリンク