スシローの支払いで使えるのは何ペイ(Pay)?【回転寿司編】

スシローの支払い何ペイ

昨年2018年はQRコード決済元年とも言われ、ペイペイが仕掛けた「100億円あげちゃうキャンペーン」では12月4日からたったの10日間で終了となりました。

その原因としては全額返金の異常とも言える確率と返金の上限金額が高かったせいで、転売が横行したことにあります。

なんせ運が良ければ全額(10万円相当)返金される可能性があったわけですから、全額返金の場合仕入がただになる訳で、転売ヤーが買いまくったことであっという間にキャンペーンが終了してしまい、

迷っている間に終わちゃった~

と残念に思っていた方は多いのではないでしょうか。

そして2019年に入りQRコード決済(pay)はシェア争いトップを取る為各社更なるキャンペーンを打ち出してきています。

政府も2025年までにキャッシュレス化を現在の20%から40%にまでし、将来的には80%までに高めたいと計画していることからも、否が応でもわれわれ消費者はQRコード決済のアプリをダウンロードする事になります。

しかし店舗によってQRコード決済の取り扱いがバラバラな為、皆さんきっと

この店舗の支払いで使う事が出来るQR決済サービスは何?

という疑問を持つと思います。

QRコード決済サービス会社は数十社あり今後も更に増えることも考えられるので、

この店舗はどのQR決済サービスが使えるの?

をわかり易く説明したいと思います。

事前にこの記事をチェックしておく事で、レジでもたつく事もなくなりますし、スマートに支払いを済ませる事が出来ます。

そこで今回はスシローの支払いで使えるPayを調べました。

この記事を読んでわかる事

 スシローの支払いで使えるのは何ペイ(Pay)?

 スシローの店舗

スポンサーリンク

目次

スシローの支払いで使えるのは何ペイ(Pay)?

スシローの支払いで使えるのは以下になります。

 Line Pay

 au Pay

 2019年5月時点
Right Caption
ナント!!これだけ巷で流行りのQRコード決済がLine Payとau Payだけとは!!
Left Caption
実はLine Payの取り扱いは2019年4月9日から始まったばかりなんです
Right Caption
そうなんだ!ではこれから順次他の決済システムが増えていくのを期待だな
Left Caption
LINE Payはセルフレジにも対応しているので便利ですよ。

スシローでは今後、他のQRコード決済サービスが追加されることも考えられますので新たな情報が入りましたらお伝えしますね。

スシローの店舗

 
 
 
 
 
View this post on Instagram
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 

Shino Takaiさん(@shinotare)がシェアした投稿

全店舗1皿108円(税込)の均一価格が特徴の回転寿司チェーンを展開。
提供する寿司は江戸前寿司であり、以前は、100円/130円/180円(税別)の3段の値段設定の店舗や、競合店が近くにある一部の店舗では90円/100円、あるいは97円等(税別)の105円(税込)以下の価格設定の店舗が存在していた。高級なネタの場合は1皿1貫(1個)にすることにより均一価格を維持している。
1990年代後期から「健康1番すし」「大阪回転寿司」をキャッチコピーとしていたが、現在は「これぞ、スシロー。」をキャッチコピーにしている[広報 4]。
企業理念は「うまいすしを、腹一杯。うまいすしで、心も一杯。」である

引用元:wikipedia

回転寿司チェーン最大手がスシローです。

2017年に全都道府県への出店を達成していますので、日本全国誰もが知っているのではないでしょうか。

2019年売上予想は1900億で、毎年右肩上がりで成長し続けています。

業界2位のくら寿司も追い上げていますが、スシロー強しの印象ですね。

今年更に増えると思われるどのQRコード決済を増やすのかによっても売り上げは大きく変わるかもしれません。

スシローが扱うQRコード決済のキャンペーンなどには細かに情報を集めておいた方がいいでしょうね。

スシローの支払いで使えるのは何ペイ(Pay)?【回転寿司編】まとめ

スシローの支払いで使えるのは以下

LinePay 

au Pay

今後近いうちに間違いなく他のQRコード決済サービスが使えるようになるとおもいます。

スポンサーリンク