角田裕毅トヨタ・レーシング・シリーズ【マンフェイルド-サーキットクリスアモン第1戦~3戦】結果

2020年シーズンFIA F2カーリンチームからエントリーする日本人角田裕毅がF2開幕までの期間

ニュージーランドで行われるトヨタ・レーシング・シリーズにエントリーしています。

このトヨタ・レーシング・シリーズは1月17日から2月16日までの期間全5シリーズ各3レースの15レースでのシリーズとなります。

その後3月のF2を迎える為の肩慣らしと思われていますが、実際は角田裕毅と同じレッドブルジュニアのリアム・ローソンは前年のチャンピオンとして同じチームでこのトヨタ・レーシング・シリーズに参戦していますので、絶対に負けられないシリーズです。

それでは第5ラウンドマンフェイルド-サーキットクリスアモン最終戦での3戦の順位・タイム・結果をお伝えします。

スポンサーリンク

目次

マンフェイルド-サーキットクリスアモン第1戦

2020年2月15日  15:34

全20ラップ

順位ドライバートップとの差ベストタイムチーム
1Igor Fraga 1:03.866M2 Competition
2Liam Lawson 1.6681:04.046M2 Competition
3Franco Colapinto 2.3181:04.046Kiwi Motorsport
4Caio Collet 3.9981:04.161MTEC Motorsport
5Spike Kohlbecker 4.4971:04.141Kiwi Motorsport
6Tijmen Van Der Helm 6.3021:04.252Kiwi Motorsport
7Petr Ptacek 6.8131:04.255MTEC Motorsport
8Lucas Petersson 7.8191:04.099MTEC Motorsport
9Yuki Tsunoda 10.5351:04.419M2 Competition
10Jackson Walls 11.1801:04.263 MTEC Motorsport

マンフェイルド-サーキットクリスアモン第2戦

2020年2月16日  12:35

全15ラップ

順位ドライバートップとの差ベストタイムチーム
1Tijmen Van Der Helm 1:04.118 Kiwi Motorsport
2Franco Colapinto  1.7401:03.889 Kiwi Motorsport
3Petr Ptacek  4.3931:04.264MTEC Motorsport
4Igor Fraga  4.9761:04.080M2 Competition
5Liam Lawson  7.2051:04.285M2 Competition
6Caio Collet  7.7981:04.153 MTEC Motorsport
7Yuki TSUNODA 9.3721:04.378M2 Competition
8Lucas Petersson  10.2271:04.596MTEC Motorsport
9Jackson Walls  10.6831:04.669MTEC Motorsport
10Spike Kohlbecker 11.0941:04.628 Kiwi Motorsport

マンフェイルド-サーキットクリスアモン第3戦

2020年2月16日  17:00

全35ラップ

順位ドライバートップとの差ベストタイムチーム
1Igor Fraga  1:03.862M2 Competition
2Franco Colapinto 1.7241:03.737Kiwi Motorsport
3Liam Lawson  3.3871:03.968M2 Competition
4Caio Collet 3.7371:03.802MTEC Motorsport
5Petr PTACEK 6.9321:04.015MTEC Motorsport
6Yuki Tsunoda  8.4631:04.140M2 Competition
7Spike Kohlbecker  9.5491:04.138Kiwi Motorsport
8Jackson Walls 13.0871:04.380MTEC Motorsport
9Gregoire Saucy  13.5941:04.274Kiwi Motorsport
10Lucas Petersson  14.0891:04.327 MTEC Motorsport

角田裕毅マンフェイルド-サーキットクリスアモン1戦~3戦成績

・第1戦  9位


・第2戦 7位
 
・第3戦 6位






このトヨタ・レーシング・シリーズ開幕前は昨年チャンピオンのリアム・ローソンと角田裕毅とのチャンプ争いになると言われていました。

正直第1シリーズのハイランドでは表彰台はいけるとは思っていましたが、第2戦で優勝してしまう所が凄いですよね。

リアム・ローソンは昨年このトヨタ・レーシング・シリーズを戦っており、経験済みに対し角田裕毅選手は初めての参戦と言う事も考えると素晴らしい結果なのではないでしょうか。

しかしライバルのリアム・ローソンは角田裕毅選手と同じレッドブルジュニアのライバルで角田は2020年F2へ、リアム・ローソンはF3で闘うわけですから角田裕毅選手は絶対にリアム・ローソンには負けたくないでしょうね。

角田裕毅選手は第5ラウンドのマンフェイルド-サーキットクリスアモンでは表彰台無しでした。

ウーーーーーん

こんなもんなのでしょうか。

最終戦マンフェイルド-サーキットクリスアモンではランキングトップのリアム・ローソンを猛追していたイゴール・フラガが逆転でチャンピオンとなりました。

 
 
 
 
 
この投稿をInstagramで見る
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 

Notícias do Esporte(@nebrasil1)がシェアした投稿

イゴール・フラガは2020年FIA F3チャロウズからエントリーしており、リアム・ローソンも同じくF3ハイテックGPより参戦します。

この二人の闘いも見ものです。

角田裕毅選手はこのトヨタ・レーシング・シリーズ出場選手の中では唯一今年F2にステップアップするわけですので、もう少し良い成績をみせるべきだったのでは?

チャンピオンに輝いたイゴール・フラガはこのトヨタ・レーシング・シリーズ初参戦で角田裕毅選手と同じ条件なので言い訳できません。

正直ランキング4位というポジションはかなり物足りなく、今年のF2での成績が不安視されます。

マンフェイルド-サーキットクリスアモン終了時点でのポイントランク

ドライバーチームポイントトップとの差
1Igor FRAGAM2 Competition🇧🇷362
2 Liam LAWSON M2 Competition 🇳🇿 3566
3Franco COLAPINTOKiwi Motorsport🇦🇷31547
4Yuki TSUNODAM2 Competition🇯🇵257105
5Petr PTACEKMTEC Motorsport🇨🇿241121
6Gregoire SAUCY Giles Motorsport🇨🇭220142
7Caio COLLET MTEC Motorsport🇧🇷219143
8Lirim ZENDELIGiles Motorsport🇩🇪200162
9Ido COHENM2 Competition🇮🇱164198
10Jackson WallsMTEC Motorsport🇳🇿160202

スポンサーリンク