角田裕毅トヨタ・レーシング・シリーズ【ハンプトンダウンズ第1戦~3戦】結果

2020年シーズンFIA F2カーリンチームからエントリーする日本人角田裕毅がF2開幕までの期間

ニュージーランドで行われるトヨタ・レーシング・シリーズにエントリーしています。

このトヨタ・レーシング・シリーズは1月17日から2月16日までの期間全5シリーズ各3レースの15レースでのシリーズとなります。

その後3月のF2を迎える為の肩慣らしと思われていますが、実際は角田裕毅と同じレッドブルジュニアのリアム・ローソンは前年のチャンピオンとして同じチームでこのトヨタ・レーシング・シリーズに参戦していますので、絶対に負けられないシリーズです。

それでは第3シリーズのハンプトンダウンズでの3戦の順位・タイム・結果をお伝えします。

スポンサーリンク

目次

ハンプトンダウンズ第1戦

2020年2月1日  15:16

全20ラップ

順位ドライバートップとの差ベストタイムチーム
1Igor FRAGA 1:01.314M2 Competition
2Liam LAWSON 2.8541:01.281M2 Competition
3Petr PTACEK 4.5261:01.460MTEC Motorsport
4Caio COLLET 5.5301:01.450MTEC Motorsport
5Franco COLAPINTO 6.6831:01.459Kiwi Motorsport
6Oliver RASMUSSEN 8.1001:01.461MTEC Motorsport
7Yuki TSUNODA 9.8401:01.458M2 Competition
8Jackson WALLS 11.0111:01.587MTEC Motorsport
9Gregoire SAUCY 13.0101:01.736Giles Motorsport
10Lirim ZENDELI 13.5041:01.721Giles Motorsport

ハンプトンダウンズ第2戦

2020年2月2日  11:51

全20ラップ

順位ドライバートップとの差ベストタイムチーム
1Franco COLAPINTO 1:01.610Kiwi Motorsport
2Liam LAWSON 0.4721:01.607M2 Competition
3Oliver RASMUSSEN 1.2951:01.674MTEC Motorsport
4Igor FRAGA 3.7171:01.970M2 Competition
5Petr PTACEK 4.2451:01.714MTEC Motorsport
6Caio COLLET 4.7091:02.036MTEC Motorsport
7Lirim ZENDELI 5.5401:02.037M2 Competition
8Gregoire SAUCY 6.5861:01.977MTEC Motorsport
9Jackson WALLS 7.3221:02.189MTEC Motorsport
10Henning ENQVIST7.5901:01.967Giles Motorsport

ハンプトンダウンズ第3戦

2020年2月2日  16:32

全25ラップ

順位ドライバートップとの差ベストタイムチーム
1Igor FRAGA 1:01.624M2 Competition
2Gregoire SAUCY 0.7441:01.891Giles Motorsport
3Yuki TSUNODA 1.2501:02.020M2 Competition
4Caio COLLET 1.9971:02.294MTEC Motorsport
5Lirim ZENDELI 2.2451:02.177Giles Motorsport
6Henning ENQVIST 3.5001:02.340Giles Motorsport
7Lucas PETERSSON 3.9971:02.236MTEC Motorsport
8Franco COLAPINTO 4.5481:02.160Kiwi Motorsport
9Oliver RASMUSSEN 5.2091:02.309MTEC Motorsport
10Petr PTACEK 6.5241:02.970MTEC Motorsport

角田裕毅ハンプトンダウンズ1戦~3戦成績

・第1戦  7位


・第2戦 16位
 
・第3戦 3位






このトヨタ・レーシング・シリーズ開幕前は昨年チャンピオンのリアム・ローソンと角田裕毅とのチャンプ争いになると言われていましたが、その通りの第1シリーズハイランドの結果となりました。

正直第1シリーズのハイランドでは表彰台はいけるとは思っていましたが、第2戦で優勝してしまう所が凄いですよね。

リアム・ローソンは昨年このトヨタ・レーシング・シリーズを戦っており、経験済みに対し角田裕毅選手は初めての参戦と言う事も考えると素晴らしい結果なのではないでしょうか。

しかしライバルのリアム・ローソンは角田裕毅選手と同じレッドブルジュニアのライバルで角田は2020年F2へ、リアム・ローソンはF3で闘うわけですから角田裕毅選手は絶対にリアム・ローソンには負けたくないでしょうね。

角田裕毅選手は第三シリーズのハンプトンダウンズでは第三レースでなんとか3位表彰台でしたが優勝無しでした。

チャンプ争いからは完全に脱落してしまいましたね。

残念ですがリアム・ローソンは強いです。

2020年のFIA F3では相当活躍しそうですね。

角田裕毅選手には是非来週は優勝をめざしてほしいですね。

今後もこのトヨタ・レーシング・シリーズの結果をお伝えします。

スポンサーリンク