2020年F2ダムスドライバーラインナップ!ティクタム&ゲラエル

ダムス(DAMS)

2019年はF2の名門らしい闘いでチームチャンピオンとなりました。

2020年はランキング2位のニコラス・ラティフィはF1ウィリアムズのシートを手にし、セルジオセッテ・カマラはインディーカーシリーズに参戦が決まっている。

その空いたシート2つには2017・2018年マカオGPを連覇したダニエル・ティクタムとインドネシアの大富豪の息子ショーン・ゲラエルが納まった。

2020年シーズンも名門ダムスはチャンピオンチームになる事ができるのか?

ドライバー二人活躍する事ができるのか?

この記事を読んでわかる事

 2019ダムスの成績

 ダムス過去の成績

 ダムスドライバーダニエル・ティクタム

 ダムスドライバーショーン・ゲラエル

スポンサーリンク

目次

2019ダムスの成績

 
 
 
 
 
この投稿をInstagramで見る
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 

DAMS(@damsracing)がシェアした投稿

2019年のチームポイントは418ポイントでランキング1位

ニコラス・ラティフィが全戦参戦214ポイント獲得でランキング2位

セルジオセッテ・カマラが全戦参戦204ポイント獲得でランキング4位

チャンピオンチームらしく二人のドライバーがポイントを重ね2019年のチャンピオンになりました。

ダムス過去の成績

2018年ダムス成績

チームポイント303ポイントでランキング3位

アレクサンダー・アルボン全戦出走212ポイント獲得でランキング3位

ニコラス・ラティフィ全戦出走91ポイント獲得でランキング9位

2017年ダムス成績

チームポイント345ポイントでランキング2位

オリバー・ローランド全戦出走189ポイント獲得でランキング2位

ニコラス・ラティフィ全戦出走156ポイント獲得でランキング5位

いつでもトップチームの位置をキープしているダムス(DAMS)はDriot Associes Motor Sportが由来となっており、創設者のジャン-ポール・ドリオDriot)が2019年8月に亡くなった。

ダムスからは30人以上のF1ドライバーを輩出する名門で、現役のロマン・グロージャン/ケビン・マグヌッセン/ピエール・ガスリー/カルロス・サインツJr./アレクサンダー・アルボンも出身。

2019年のラティフィとセッテカマラがF2を卒業し新たにその名門のシートを得たのはダニエル・ティクタムとショーン・ゲラエルです。

ダムスドライバー

 
 
 
 
 
この投稿をInstagramで見る
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 

Formula 2(@fiaf2championship)がシェアした投稿

ダムスドライバーダニエル・ティクタム

 
 
 
 
 
この投稿をInstagramで見る
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 

DAMS(@damsracing)がシェアした投稿

🇬🇧 ダニエル・ティクタム

生年月日:1999年8月6日

歳:21歳

出身地:イギリス

🇬🇧 ダニエル・ティクタム

2019年:スーパーフォミュラーTeam Mugenより3戦出走位ポイント獲得20位
F3・アジア選手権ドラゴン・ハイテックGPより6戦出走38ポイント獲得9位
フォーミュラ・リージョナル6戦出走64ポイント獲得9位
マカオGP13位
2018年:FIA F3 モトパークより全戦出走308ポイント獲得ランキング2位
FIA F2 アーデンより2戦出走0ポイント
スーパーフォーミュラTeam Mugenより2戦出走0ポイント
マカオGP1位
2017年:GP3シリーズDAMSより5戦出走34ポイント11位
マカオGP1位

ダニエル・ティクタムは2017・2018年のマカオ連覇は素晴らしかったですね。

しかし2018年FIA F3選手権序盤大量リードでチャンピオン間違い無しと言われていましたが、後半失速&ミック・シューマッハ大躍進により逆転での2位は相当悔しかったはず。

2019年シーズンもボロボロでもうトップカテゴリーに戻るのは無理か?と思われたが、一転2020年はウィリアムズ開発ドライバー就任に続き、FIA F2チャンピオンチームDAMSへの加入が発表された事で、一気に2020年チャンピオン候補に!

チャンピオンチームでどれだけのポイントを稼ぐ事ができるのか興味深いドライバー。

ダムスドライバーショーン・ゲラエル

 
 
 
 
 
この投稿をInstagramで見る
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 
 

Sean Gelael(@gelaelized)がシェアした投稿

🇮🇩ショーン・ゲラエル

生年月日:1996年1月11日

歳:24歳

出身地:インドネシア

🇮🇩ショーン・ゲラエルレース経歴

2019年:FIA F2プレマレーシングより全戦出走15ポイント獲得でランキング17位

2018年:FIA F2プレマレーシングより全戦出走29ポイント獲得ランキング15位

ゲラエルと言えばケンタッキーフライドチキン

父親がインドネシアのケンタッキーのインドネシア法人を務める大金持ち。

なのでこのショーン・ゲラエルもペイドライバーの一人だが、仮にも2019年チャンピオンチームであるダムスに乗るわけだから、恥ずかしい成績では将来は無いぞ。

おそらくダムス2020年はチャンピオンの座を奪われることになると思います。

良くて4位くらいでしょうか?

期間限定キャンペーンのお知らせ

 

スポーツ専門チャンネルDAZNは通常1か月無料期間でしたが、

3月11日~3月15日までの5日間特別に2か月無料キャンペーンを行っています。

新型コロナウィルスで休校中の子どもたち、自宅中心の生活の大人たちに少しでも元気をお届けするためHONDAの協力で実現しました。

3月15日23時59分までの期間限定です

この特別な期間お見逃しなく。

FIA F2を1か月無料期間を
利用して楽しみまくる方法

F2ドライバー

2020年のFIA F2を観てみたい!
日本人ドライバー松下信治と角田裕毅の熱い走りが観たい!!
でもF2って何処で観る事が出来る?

安心してください!そのお悩みにお答えします。

FIA F2のレース全戦はもちろん予選も全て見る事が出来るのは

DAZNだけ!

見逃し配信はもちろん、

1か月無料トライアル期間もありますので、まずは試してみる事をオススメします。

 疑問を解消し2020年FIA F2を楽しんでみる

スポンサーリンク