リレーアタックとは急増中の車窃盗の方法!動画を参考に防犯グッズで対策が必需!

スマートキー

最近ニュースなどで聞きなれない言葉に

リレーアタック

があります。

もちろん陸上のリレー競技の後、他の選手を攻撃するものではありません(笑)

世界的な車窃盗の方法で、電波を利用し車を窃盗する犯罪です。

このリレーアタックは自宅でも屋外でも何処でもあっという間に簡単に被害に遭う恐れがあるのです。

このリレーアタックは他人事ではなくあなたも被害に遭う恐れが大いにあるのです。

そこでこの記事では

 リレーアタックとは?

 スマートキーとは?

 リレーアタックは外だけでなく自宅でも狙われる

 リレーアタックの防止策は?

 今後リレーアタックが急増する訳

リレーアタックはそこにあるべき自分の車が風のようにあっという間に消え去る恐ろしい犯罪です。

このような被害に遭わないように対策を講じる事が非常に大事です。

スポンサーリンク

目次

リレーアタックとは?

リレーは日本語にすると中継という意味になります。

つまり動画のように個人の電波を次々と中継し、車にアタック(窃盗)する事です。

動画では施設の駐車場で待ち構えていた犯行グループが役割分担で一人は車の所有者のそばについてスマートキーの電波を盗み、一人はその電波を増幅し、駐車している車のそばで盗んだ電波であたかも正規の所有者であるかのようにドアを解除しエンジンをかけ逃走する手口で、このリレーアタックの最大の恐ろしさは静かに、スマートにあっという間に車を持ち出されることです。

一昔前の車の窃盗と言えば、窓から工具を差し込みドアを解除して、シリンダーに細工をしエンジンをかけ窃盗するものでしたので、音もすれば時間もかかるので人が多い場所や住宅地では難しかったのです。

しかし電波を利用すればこれ以上ない位にスマートに車を窃盗出来るのがリレーアタックなのです。

これは他人事ではありません。

今すぐ対策を取らないと本当にあっという間にあなたの大切な車が消えてしまいます。

スマートキーの仕組み


スマートエントリーはキーレスエントリーを進化させたものであり、キーレスエントリーはキーのボタンを押さないと解錠・施錠はできないが、スマートエントリーは加えて、ポケットやカバンに入れておいても、車両に近づく、あるいはドアノブに触れるだけでドアが解錠し、鍵穴にキーを指すことなくスマートエントリー搭載車にはたいてい装備されているエンジンスタートボタンを押すことでエンジンがかかる仕組みである[
1993年にシボレー・コルベットに採用されたパッシブ・キーレスエントリー・システム(Passive Keyless Entry System)や1998年にメルセデス・ベンツ・Sクラスに採用された「キーレス・ゴー」などを筆頭に2000年代中頃から高級車を中心に採用され始め、2012年現在、高級車から軽自動車まで、車種により標準装備、またはオプションで装着可能になりつつある。運転者の持つ携帯機(鍵)と自動車に搭載されているECU(Electronic Control Unit)やBCM(Body Control Module)との間で無線通信を行い、通信が成立すればドアの施錠/開錠を行う。

引用元:wikipedia

つまり無線通信が成立していると車が認識してしまうとドアの解除もエンジン始動も可能となり、車をいとも簡単に窃盗される訳です。

便利機能のスマートキーが狙われる

よく間違い易い用語として「キーレス」と「スマートキー」とがありますが、皆さんはその違いを理解していますか?キーレスとスマートキーはどのように違うのでしょうか?

キーレス

キーレスとはわかり易く例えると

車のキーにリモコンスイッチが付いていて、押すとドアロックが解除される物

キーレスはあくまでもドアロックの解除を従来のように鍵穴に鍵を差して解除しなくてもドアロックが解除できるものですので、車に乗車したらその鍵をハンドル横のシリンダーに差し入れ、回す事によってエンジンをかけるもので、大昔からのエンジン始動方法です。

おおよそ10年以上前はこのキーレスがメインでした。

つまり大昔からのエンジン始動方法にドアロック解除だけがリモコン操作で出来るものをキーレスと言います

スマートキーとは?

スマートキーとはわかり易く例えると

スマートキーとはドアロック解除もエンジンスタートもボタン一つで出来ちゃうもの

スマートキー自体から電波を発し、その電波に適合する車(自分の車)のロック解除やエンジン始動もボタン一つで出来る便利な機能です。

キーレスのようにシリンダーに鍵を差さなくてもボタンを押すだけでエンジンを始動させることが出来ますので、スマートキーには見た目鍵が付いていません。(中に鍵があり)

したがってスマートキーだけをポケットやカバンに入れたままで良い訳です。

合理化時代の現代ではスマートな方法と言えます。

現在販売されている新車では多くのメーカー、車種でスマートキーが標準装備となっています。

もちろん軽自動車にもスマートキーが標準装備になっているのがほとんどという現状。

危険過ぎです。

スマートキーもメーカーによって呼び方が違う

スマートキーはあくまでも通称なのでメーカーによって呼び方が違いますが、基本的にはほぼ同じような機能です。

自分の車は「スマートキー」という名前じゃないから大丈夫と思っていてはいけませんよ。

トヨタ

スマートエントリー&スタートシステム

ホンダ

Hondaスマートキー・スマートカードキーシステム

日産

インテリジェントキーシステム

マツダ

アドバンストキーレスエントリー&スタートシステム

スバル

キーレスアクセス&プッシュスタート

三菱

キーレスオペレーションシステム

ダイハツ

キーフリーシステム

スズキ

キーレススタートシステム

それぞれ名前が違うのですが、基本的にシリンダーに鍵を差さなくていいものは全てスマートキーと言えます。

リレーアタックは外だけでなく自宅でも狙われる

リレーアタックは外出先だけの話ではありません。

自宅の駐車場でも狙われます。

いや、むしろ自宅の方が危険かもしれません。

自宅敷地内に駐車している場合はリレーアタックというより、半リレー位になり更に簡単に狙われてしまいます。

通常自宅敷地内に車を止めている場合は車とキーの位置が非常に近いから、大人数でなくても二人で簡単に犯行に及ぶ事が出来てしまうのです。

あなたは車のキーを何処に置いていますか?

おそらく玄関と言う方は非常に多いのではないでしょうか?

大邸でもない限り車の駐車場のすぐそばに玄関がありますので、リレーアタックが簡単に出来てしまうのです。

しかし実は玄関でなくても電波を増幅さえできれば、 家の何処に置いていても 残念ながらリレーアタックされます。

増幅器を使ってスマートキーから出る微弱な電波を拾えれば屋根裏にスマートキーを置いてもリレーアタックの被害に遭ってしまいます。

ではリレーアタックを阻止する方法は無いのでしょうか?

リレーアタックを防止する方法はある?

リレーアタックを防止する方法として大事なことは外でも家でもスマートキーが発する微弱な電波を遮断する事が有効とされています。

電波遮断ポーチ

このポーチは外出や買い物などしたときにスマートキーを入れるポーチです。

外では必ず電波を遮断するポーチに入れる事が大事です。

このポーチは電波を遮断する事ができるので、リレーアタック被害に遭わなくて済みます。

この値段でリレーアタックを防げるのですから必ず用意していただきたいですね。

一見するとニベアクリームのようですけど、缶です。

主に家に帰宅したときにこの缶の中にスマートキーを入れ、電波を発する事を防ぎます。

家の駐車場でのリレーアタックを防ぐ効果的なグッズです

カーセキュリティー

リレーアタック犯の心理としては

静かに

スマートに

あっという間に車を盗みたいと思うものです。

ほとんどのリレーアタック犯はリスクの大きい荒っぽい犯行(ガラスを割るなど大きな音が出る事)を嫌いますので、このようなハンドルガードを見ただけで諦める可能性があります。

リレーアタックでとにかく素早く犯行を行いたいと思っているからです。

今後リレーアタックが爆発的に増える理由

今後このリレーアタックは爆発的に増えます。

何故かというと、中国製などのリレーアタックを行う為の機材が何と20ドルで購入できるのです。

20ドルと言うとたったの2000円ちょっとです。

たったの20ドルでの出資でそれこそ一晩で数台の車を窃盗する事も可能な訳です。

国内の半グレ集団はもちろん、海外からも相当多くの外国人グループが暗躍するのが目に見えています。

最近の国内車は500万程は当たり前で1000万程の車もそのあたりにゴロゴロ置いてあります。

日本車は信頼性があり高性能な事から海外でも人気がありますので狙われまくりです。

リレーアタックではわずか10秒で車を盗む事が出来、足も付きにくいことから今後被害が急増すると見られています。

日本人はセキュリティーに無頓着な人が多いので、犯罪者からするとカモなのです。

どうか危機感を持ち、セキュリティーを一段も二段も引き上げて自分の資産を守ってください。

リレーアタックで盗まれた車はほぼ手元には戻ってきません。

スポンサーリンク