【2019マカオグランプリ予選結果】注目の角田裕毅は厳しいグリッド

マカオグランプリ予選結果角田裕毅

毎年11月はアジアのモータースポーツが注目されます。

いよいよマカオグランプリ2019が開幕しました。

2018年は衝撃的なクラッシュシーン。

2017年も衝撃的な最終週・最終コーナーでの大逆転。

毎年若きドライバーが将来の自身の為に、全力で挑むマカオグランプリは今年も見逃すことは出来ません。

2019年唯一の日本人ドライバーの角田裕毅選手の予選結果が気になるところです。

この記事を読んでわかる事

 2019マカオグランプリ予選結果

 唯一の日本人ドライバー角田裕毅選手はプラクティスでクラッシュ

 絶対に負けてはならない同僚でライバルに思いっきりタイムぶっちぎられ

 予選走行での違反で更にグリッド降格

スポンサーリンク

目次

2019マカオグランプリ予選結果

順位 ドライバー チーム タイム ギャップ
1 ユリー・ビップス Hitech Grand Prix 2:04.997 +0.000
2 ロバート・シュワルツマン SJM Prema Theodore Racing 2:05.637 +0.640
3 カラム・アイロット Sauber Junior Team by Charouz 2:05.580 +0.583
4 クリスチャン・ルンゴー ART Grand Prix 2:05.669 +0.672
5 リチャード・ヴェルショール MP Motorsport 2:05.723 +0.726
6 ジェイク・ヒューズ HWA RACELAB 2:05.774 +0.777
7 フレデリック・ベスティ SJM Prema Theodore Racing 2:05.776 +0.779
8 アルジュン・マイニ Jenzer Motorsport 2:05.814 +0.817
9 マーカス・アームストロング SJM Prema Theodore Racing 2:05.955 +0.958
10 ローガン・サージェント Carlin Buzz Racing 2:06.043 +1.046
11 フェルディナント・ハプスブルク ART Grand Prix 2:06.209 +1.212
12 マックス・フュートレル Hitech Grand Prix 2:06.368 +1.371
13 ダン・ティクタム Carlin Buzz Racing 2:06.406 +1.409
14 アレッシオ・ロランディ Trident Motorsport 2:06.428 +1.431
15 リアム・ローソン MP Motorsport 2:06.455 +1.458
16 フェリペ・ドラゴヴィッチ Carlin Buzz Racing 2:06.637 +1.640
17 オッリ・カルドウェル Trident Motorsport 2:06.641 +1.644
18 セバスチャン・フェルナンデス ART Grand Prix 2:06.717 +1.720
19 デイビット・ベックマン Trident Motorsport 2:08.273 +3.276
20 エナーム・アフメド Campos Racing 2:07.146 +2.149
21 角田 裕毅 Hitech Grand Prix 2:07.307 +2.310
22 キーバン・アンドレス HWA RACELAB 2:07.579 +2.582
23 デイビット・シューマッハ Sauber Junior Team by Charouz 2:07.587 +2.590
24 ルーカス・ダナー MP Motorsport 2:07.892 +2.895
25 レオナルド・プルチーニ Campos Racing 2:10.001 +5.004
26 アンドレアス・エスナ Jenzer Motorsport 2:08.651 +3.654
27 ソフィア・フローシュ HWA RACELAB 2:09.259 +4.262
28 レオン・ホン-チオ Jenzer Motorsport 2:09.568 +4.571
29 アレッシオ・デレッダ Campos Racing 2:10.114 +5.117
30 エンツォ・フィッティパルディ Sauber Junior Team by Charouz 2:10.124 +5.127

唯一の日本人ドライバー角田裕毅はフリー走行クラッシュで流れ悪く

プラクティスでいきなりクラッシュした角田裕毅選手。

F1でもそうですがプラクティスでクラッシュしてしまうと、当然修理に時間がかかりますし、セッティングも上手く決まらないので、マシンのセッティングが煮詰まらないことになります。

しかしマカオグランプリ連覇中で今年3連覇を狙う元レッドブル育成のダン・ティクタムも角田裕毅選手と同じくプラクティスでクラッシュしてしまいましたが、なんとか予選13番手になっています。

もっとも今回のマカオグランプリでは出場数が30台と多いことから予選でクリアラップを取ることは難しかったのかもしれませんが、予選21番手はダメすぎでしたね。

なんせポールポジションは同じハイテックのチームメイトでもあり、同じレッドブル育成のユーリ・ビップスです。

しかも同じ車で2.31秒落ち・・・

ちぎられ過ぎです。

同じレッドブル育成のユーリ・ビップスがポールポジション

大方の予想ではプレマレーシングとハイテックが中心となると予想されていました。

プレマレーシングは2位、7位、9位とトップ10にきっちり3台。

ハイテックは1位、12位、21位・・・

角田裕毅選手はハイテック3台エントリーの中でもビリ・・・

ハイテックは少なくても予選10位以内に入らなければならないチームです。

しかも角田裕毅選手元のチームであるJenzerが8位・・・

マカオグランプリはF1などと違い決勝では周回数がたったの15週です。

ほぼ毎年先行逃げ切り有利なレースです。

正直予選21番手からだと良くて15位くらいしか無理でしょう。

ポールポジションのユーリ・ビップスは今後間違いなくレッドブル育成の中では最優先ドライバーとして良いシートを得る事が予想されます。

今年は日本のスーパーフォーミュラーにスポット参戦し関係者の評価も高かったようですし、来年2020年はF2の有力チーム?又は日本のスーパーフォーミュラー?

決勝の結果次第ではありますが、来年は良いシートを得ること間違い無しですね。

それに引き替え角田裕毅選手は厳しすぎる予選結果。

決勝でどこまで追い上げるかですが、来年のシートは雲行き怪しくなりそう。

せめて2019年のマカオでは後方から次々と前車をぶち抜く強い姿を見せてほしいですね・・・

本人も期待していたでしょうが、私もがっかりで残念な予選結果です。

角田裕毅選手グリッド降格処分で更に厳しく・・

予選2の最中に、ターン3のランオフエリアに逃れ、その後、安全かつ無事にコース上に復帰したものの、コースに戻る前のランオフエリア内で「思いがけないやり方」でクルマをバックさせたのだという。

当該コーナーは視界がかなり悪いことに加えて車両の進入速度が極めて高く、潜在的にかなり危険な状況が生まれていたようだ。

引用元:https://formula1-data.com/

角田裕毅選手はグリッド降格処分で更に下がって23番グリッドからのスタートとなったようです。

こうなった以上はしょうがない、全力で追い抜く姿を見せてほしいと思います。

スポンサーリンク