台風19号による東京都海抜ゼロメートル地帯【江戸川区・江東区】から避難を!

台風19号 水害 江戸川区 江東区

超大型台風19号が日本へ接近しています。

今回の台風は規模が大きすぎることで甚大な被害が予想されています。

中でも直撃が予想される関東では悪い条件がそろい水害のおそれがある場所があります。

それが東京湾に面する江東区と江戸川区です。

これらの区は荒川・中川・江戸川から大量に雨が東京湾に流れ込む場所で

水害の危険性が最も高い場所です。

上流からは大量の雨、そして海面は高潮でこのあたり一面が大規模に水没する危険性があります。

何故この地域が水害の危険があるのか

そして非難するには何処へ行けばよいのかを急いで調べました。

スポンサーリンク

目次

江戸川区・江東区が水害になり易い訳

水は高い所から低い場所へと流れるものです。

関東平野は全体的に山や丘が少ない平野です。

しかし近県の埼玉など海抜の高い場所へ降った雨は低い場所へと流れ込み荒川や中川を通って東京湾へ流れ込む場所こそが江東区と江戸川区なのです。

この地域では昔から水害に遭いやすい場所であり、過去甚大な被害が起きている場所なのです。

複合した条件が重なり水害がおこり易く、今回の超大型台風19号による被害拡大が懸念されると共に、この地域にお住まいの方は今回は速やかにこの場を離れる事が命を守る事になります。

関東全域に降った雨が流れ込む最終地

関東には大きな川があります。

利根川です。

関東北部の栃木や群馬に降った雨のほとんどが利根川に流れ込み千葉と茨城の県境から太平洋へと流れ込みます。

しかし利根川に流れた水の1/3は支流を通って江戸川へと流れてきます。

江戸川下流は松戸や市川などを通り東京湾へと流れ込みます。

そして東京都の北埼玉に降った雨は荒川を通って最終的には江東区と江戸川区の間から東京湾へと流れ込みます。

そして江戸川と荒川の間に流れるのが中川です。

中川は最終的には夢の国東京ディズニーランドの横に流れ込みます。

つまり江戸川区は江戸川・荒川・中川が関東地方全域に降った雨が東京湾へと流れる最終地と言う事です。

関東全域で超大型台風19号が想定外の雨量を降らせたら・・・・

江東区や江戸川区が水害に遭う危険度が増しています。

江戸川区は海抜ゼロメートル地帯

海抜ゼロメートル地帯(かいばつゼロメートルちたい)とは、海岸付近で地表標高が満潮時の平均海水面よりも低い土地のこと。単にゼロメートル地帯とも呼ぶ。こうした地域では集中豪雨や高潮、台風、津波などの水害時に対処するために、堤防や水門、揚排水ポンプなどを整備する必要がある。なお、海岸付近に限らず平均海水面よりも低い土地は一般に窪地(あち)と呼ばれることがある。

引用元:wikipedia

画像引用元:江戸川区

この地域でも特に低いのが都営新宿線「船堀」(江戸川区)「東大島」(江東区)この近辺が特に低くなっています。

もし川の水が想像以上になると堤防が決壊し低い場所低い場所へと流れ込みます。

台風最接近時と高潮の時間が重なっている

超大型台風が関東に最接近するのが12日夕方頃。

10月12日(土)の東京湾の満潮時間も同じ頃の16:31

タイミングの悪い時間帯に台風が接近してしまう事で水害の可能性が更に高まってしまうと言う事です。

そして台風の恐ろしさには「吸い上げ効果」と「吹き寄せ効果」といわれるものがあります

吸い上げ効果

台風は気圧が低くなっていますので、気圧の高い所を押し下げ、台風の中心付近を反対に吸い上げます。

そのことで台風の中心付近では海面が上昇します。

12日上陸時台風の中心気圧は950ヘクトパスカルと予想されており、潮位がなんと60㎝も上昇する恐れがあります。

60㎝と言えば大したことがないと思う方もいますが、とんでもない高さになります。

吹き寄せ効果

台風に伴う強い風が沖から陸地に吹き付けることによって海岸付近の海面が上昇する事を吹き寄せ効果と言います。

これら吸い上げ効果と吹き寄せ効果に加え満潮も重なっています。

更に悪い事に10月14日は大潮でありこの前後数日は特に危険なのです。

過去の甚大台風被害

狩野川台風

今回の台風19号と同じような進路で神奈川県に上陸した1958年(昭和33年)の台風

死者・行方不明者1,269名の大災害となった台風でした。

最低気圧が877ミリバール(現在のヘクトパスカルと同じ意味)と当時の世界記録の最低気圧で、主に伊豆半島の狩野川近辺での被害が大きかったため固有名が付けられた台風でした。

この狩野川台風では関東地方でも甚大な被害があり、死者こそ狩野川周辺より少なかったのですが、関東南部の江戸川区や江東区は水害に襲われています。

東京都全体で浸水家屋が33万個!!

この時の雨量は392.5ミリメートル

今回の台風19号でも狩野川台風に匹敵する300ミリ以上の雨量が予想されています。

今と昔では水害対策に大きな進歩があるとは思いますが、自然は人間の想像をはるかに超え、牙を向いてきます。

江戸川区・江東区にお住まいの方は水害の危険が特に高い場所になりますので、12日午前中までには自主避難を考えてはいかがでしょうか。

中川がすぐ近くに流れ込む東京ディズニーランドでは12日休園する事を発表しています。

東京ディズニーランドが台風を理由に休園するのは開園以来初めての事なのです。

これをどのように感じ取りますか?

相当危険な状態となる事が予想されるからでは?

下手すると東京ディズニーランドも大規模水害に遭う事も考えられるという判断なのではないでしょうか。

避難場所

台風19号による東京都海抜ゼロメートル地帯【江戸川区・江東区】から避難を!

今回の台風19号は10月12日夕方関東地方へ最接近します。

記録的な雨量

満潮

大潮

海抜ゼロメートル地帯

これらを総合的に見ても水害がおこる可能性は相当高く、

甚大な被害の恐れもあります。

どうかこの地域にお住まいの方は早めの行動が自身の身を守ります。

地球温暖化の影響で自然は今までと違う脅威を人間に与えてきます。

今までは大丈夫だったから今回も大丈夫などと軽く考える事は止めて、正確な情報を常に入手し、自分が取るべき行動を正しく行いましょう。

とにかく今回の台風は恐ろしい事になりそうです。

命を大切にして下さい。

スポンサーリンク