ありふれた奇跡 ドラマ 動画 あらすじ

ありふれた奇跡

フジテレビ水10ドラマ「ありふれた奇跡」をもう一度見てみたい!

でもレンタルビデオ屋に借りに行くのは面倒くさい!

今すぐ見たい!

と言われる方に朗報!

フジテレビ水10ドラマ「ありふれた奇跡」の動画を無料で今すぐ見る事が出来る方法は

 

FODを利用することです

 

 

目次

フジテレビ水10ドラマ「ありふれた奇跡」の動画を無料視聴する方法

フジテレビ水10ドラマ「ありふれた奇跡」はフジテレビのドラマですので、動画を無料視聴するのに一番いい方法は

FOD(フジテレビオンデマンド)を利用する事です。

Left Caption
FODとは?こちらを参照してください。

FODは一か月間の無料期間を設けていますのでこの期間中たっぷりと楽しんだ後解約すれば料金がかかる事はありません

大きな流れとしましては

アマゾンアカウントで登録

ありふれた奇跡はもちろん他の動画も期間中楽しむ

無料期間の一か月以内に解約又はそのまま継続(有料)

無料期間中のみFODを楽しむもいいですし、今後も必要と思うなら有料会員として続けることも出来るので、とりあえずVODが何故流行っているかをご自分で確かめて見てはいかがでしょうか?

インスタントラーメンを作る時間位で、あっという間に今すぐ見る事が出来ます

 アマゾンアカウントとは

コンピュータ用語でのアカウント (account) は、ユーザーがネットワークやコンピュータやサイトなどにログインするための権利のことである。また、ユーザーとは、コンピュータシステムの利用者を意味する(エンドユーザー参照)。ユーザーに割り当てられたアカウントをユーザーアカウントとも呼ぶ。
例えば、ネットワークにログインするためのアカウントや電子メールを送受信するためのアカウントなどがある。アカウント (ID) には、パスワードが関連付けられており、利用者はアカウントと併せてパスワードを入力することにより、ログインする権利を認められたネットワークやコンピュータやサイトにログインすることができる。権利 (ID) とパスワードを合わせてアカウントと呼ぶこともある。
出典元:wikipedia

通常初めてアマゾンで何かを購入したいと思った場合「アカウント」を取得する必要があります。

住所、氏名、Eメールアドレスなどを登録する事によって以後アマゾンのサービスを受ける事が出来るものです。

これはアマゾンに限らず「楽天」などでも初めて利用する場合にはアカウントが必要になります。

FODではアマゾンアカウントと紐づけることによって一か月間の無料期間を利用する事が出来るので、アマゾンアカウントが必要となるのです。

パンドラやデイリーモーションでも動画無料視聴できるのでは?

人は誰でも「無料」という言葉に強く惹かれていくものです。

それが違法だとわかっていても「少し位なら大丈夫だろう」と思ってしまいます。

パンドラやデイリーモーションなどでは無料で動画や映画を配信しているものが多く存在していますがそのほとんどが

違法アップロードのものです

違法アップロードの動画は名前の通りそもそも違法にアップロードしたものですので、アップロードするのはもちろんそれを違法と知りながらダウンロードする事自体違法なのです。

罪に問われた場合、2年以下の懲役または、200万円以下の罰金が課せられることもあるので安易に考えず、絶対にやめましょう。

そしてこれらの違法アップロードのもう一つの危険性として

 ウイルス感染の恐れがある事です。

これら海外のサイトにはクリックしただけでウイルスに感染させるプログラミングされているものも多く、危険性が報告されています。

 


 

 

ネットの向こうには常に罠にはめようとする輩がそこらじゅうに美味しい餌をまいて待ち構えています。

もしその美味しそうな餌に食いつくと、ウィルス感染により個人情報の流出や最悪端末が使えなくなるなどの危険性を伴いますので絶対に違法サイトの視聴は止めましょう。

もし今までなんともなかったという人は単に今まで運が良かっただけです。

FODプレミアムは公式のサービスで、無料期間中なら安心して視聴する事が出来ます。

FOD登録方法

FODの登録は非常に簡単です。

Amazonアカウントをすでにお持ちの方はあっという間に済みます。

1、「Amazonアカウントで今すぐ無料おためし」ボタンをクリック

こちらのFODプレミアサイトより
登録1

Amazonアカウントで今すぐ無料おためしボタンをクリック

2、Amazonアカウントを使用してFODにログイン

すでにAmazonアカウントを持っている方は入力しログインして下さい。

3、Amazonアカウントの作成

Amazonアカウントを持っていない方は「Amazonアカウントを作成します」をクリックします。

登録3

登録4

全ての欄に入力しAmazonアカウントを作ります

4、FODコース契約詳細を確認し進む

コース契約の詳細が書かれていますので、一応目を通してください。

「次に進む」ボタンを押してください。
登録5

5、先ほど作ったAmazonアカウントを入力

Amazonアカウントを入力し「ログイン」ボタンを押す

登録6

6、購入内容の確認とAmazon payの登録

購入内容の確認として料金が記載されています。

大事なのはその下に書かれている「無料期間」です。

その無料期間中は料金が発生しませんので、メモ帳などに無料期間をメモしておきましょう。

そしてその下には支払の設定となりますがこのFODプレミアの支払いはAmazon payとなりますので今までAmazonに登録していない方は「新規追加」を押します。

登録7

7、クレジットカード情報の入力

クレジットカードの情報を入力します。

登録8

そして登録ボタンを押します

8、請求先の登録

請求先の登録画面となりますので、全てを埋めていきましょう。

登録9

9、Amazon payを利用するにチェックし購入確定する

登録10

チェックを入れ、一番下の「購入確定」ボタンを押してください。

購入確定

登録完了

これでFODプレミアムの登録が完了しました。

これで「FOD」、「FODマガジン」「FOD VR」を利用する事が出来ます。

ここで大事なのはFOD会員番号とパスワードをメモしておくことです。又は画面をキャプチヤーしておけば便利ですね。

登録11-min

スマホでFODを楽しみたい方は「FODアプリ」と「FODマガジン」をダウンロードして先ほどのFOD会員番号とパスワードを入力すればOK!

家でも外でも手軽に何時でもドラマや映画などの動画を楽しむ事ができますし、雑誌も見きれないほど沢山ありますので、電車やバスなどの通勤時間に楽しむ事が出来ます。

 

 

FODってどのようなサービス

インターネット上の動画配信サービスの総称をVOD(ビデオオンデマンド)と呼びます。

ビデオ・オン・デマンド (Video On Demand) とは、視聴者が観たい時に様々な映像コンテンツを視聴することができるサービスである。略称「VOD」。別名「電子レンタルビデオ」。

VODにおいて配信されるコンテンツは、公開済の映画や放送済の放送番組、オリジナルの映像作品を配信するものもある。

課金方法としては、コンテンツごとに課金するもの(エレクトリック・セルスルーやペイ・パー・ビュー)、月会費や年会費を支払うと多くのコンテンツが観放題となるもの(サブスクリプションモデル)などがある。
出典元:wikipedia

代表的なVODには

・U-NEXT
・FOD
・Hulu
・Amazonプライム・ビデオ
・dTV
・dアニメストア
・Netflix
その他にもたくさんのVODサービスがあります。

VODにもそれぞれ得意不得意分野があり、洋画に強い所や、アニメに特化した所やあらゆるジャンルにバランスの良い所などの特徴があり、それぞれ月額料金も違いますので自分の趣味嗜好に合ったVODサービスを選ぶ必要があります。

その中でも過去のフジテレビのドラマや月9ドラマや映画などを月額888円(税抜)で視聴する事が出来るサービスがフジテレビのFODなのです。

FODの特徴

FODの特徴としてあげてみますと

月9に代表される名作ドラマやバラエティーなど独占見放題タイトルが多数

日本テレビのドラマやTBSドラマの有名どころは他のサービスで視聴する事が出来るのですが、フジテレビの番組は他のサービスでは見る事が出来ないという大人の事情があります。

特に月9などはこのFODでしかみることが出来ません

・昔大いに月9にはまった人

・見逃した回がありずっともやもやしていた

・もう一度見てみたい

などの方にピッタリなサービスです。

FODオリジナルタイトルが質・量とも充実

fod1-min
ドラマはもちろん音楽番組やバラエティーなど充実したタイトルが多数あります。

FODはドラマだけでなく映画・アニメ・ファミリー・キッズも充実

fod2-min
勘違いされている方が多いようですが、FODはドラマだけではありません。

映画はもちろんファミリー向けのタイトルやキッズ向け番組が充実していますので幅広い年代に楽しんでいただけます。

雑誌読み放題

fod4-min
FODでは100誌を超える雑誌が読み放題となります。

ファッション誌・スポーツ紙・週刊誌・ビジネス誌・趣味系など正直これだけでも月額料金以上の価値が有ります。

ファッション誌では500円前後しますので月に2誌買う人であればもうすでにFODがお得と言う事です。

しかも雑誌だけでなく動画も視聴する事が出来るとはコストパフォーマンスに優れています。

雑誌見放題サービスは他のVODではU-NEXTだけですがU-NEXTは月額料金が1990円(税抜)ですのでコスパがいかに優れているかおわかりかと思います。

見放題対象外タイトルがポイント利用で購入可能

見放題対象外タイトルの最新映画や電子書籍をポイントで購入する事が出来ます。

ポイントは毎月100ポイントプレゼントされ更にフジテレビだけに8の付く日(8日、18日、28日)にFODサイトにアクセスするとそれぞれ400ポイントを得る事が出来ます。

つまり1か月で最大1300ポイントがプレゼントされると言う事です。

これはもうお得ですね。

フジテレビ水10ドラマ「ありふれた奇跡」あらすじネタバレ

偶然に駅のホームで不審な中年の男藤本を見付け、加奈と翔太は男が自殺を図ると感じてお互いに阻止する。藤本を助けて別れた後に翔太は、加奈の事が気になり後を追い言葉を交わして知り合いになる。藤本は4年前に他人が出した火事で妻と娘を亡くして、ショックから自暴自棄の暮らしをしていたのだった。その後助けられた藤本は警官の権藤を通じて二人と会い、次第に親しくなり助けた二人の秘密を知ることになる。実は加奈と翔太も自殺をしようとした秘密の過去があったのだった。翔太は何度か会うことで次第に親密になっていくが、環境の違いや秘密のことで交際する事を加奈の家族に反対されるのだった。加奈は自らの過去の過ちのことで、翔太に惹かれながらも素直に交際をすることが出来ないでいた。そして反対している加奈の父である朋也と、翔太の父重夫にも他人に知られたくない共通の趣味(女装)があった。
転載元:wikipedia

フジテレビ水10ドラマ「ありふれた奇跡」キャスト

  • 中城加奈– 仲間由紀恵
  • 田崎翔太– 加瀬亮
  • 田崎重夫 – 風間杜夫
  • 中城桂 – 戸田恵子
  • 神戸幸作– 松重豊
  • 安藤律子– キムラ緑子
  • 時枝春美 – 黒坂真美
  • スナック「妙」のママ – 宮田早苗
  • 藤本誠 – 陣内孝則
  • イフの店長 – 山崎聡弘
  • 赤ん坊の母 – 末永遥
  • 堀田綾子 – 美保純
  • 松崎恒夫 – 志賀廣太郎
  • 榎本夫人 - 泉晶子
  • 松木勇 – 渡辺哲
  • 立川研次 – 吹越満
  • 小谷美代 ‐ 末永遥
  • 警官・権藤– 塩見三省
  • 田崎四郎(翔太の祖父) – 井川比佐志
  • 中城朋也(加奈の父) – 岸部一徳
  • 中城静江(加奈の祖母) – 八千草薫

 

 

フジテレビ水10ドラマ「ありふれた奇跡」サブタイトル

#1 

業務用厨房機器販売会社に勤める中城加奈(仲間由紀恵)は、打ち合わせに向かうため電車から降りた駅でホームに立つ1人の男性(陣内孝則)に目を止める。いったんは出口へ向かいかけた加奈だが、再びホームに戻り静かに男に近づく。たまたまホームに居合わせ、そんな加奈の行動を見ていた左官職人の田崎翔太(加瀬亮)もまた、男に何かを感じて近づく。ホームに電車が滑り込んでくると、線路に飛び出そうとした男を間一髪のところで捕まえ、引き戻す加奈と翔太。警官・権藤(塩見三省)の立会いのもと、駅員室に呼ばれた3人。藤本誠と名乗るその男は、自殺しようとしたことを強く否定し、突然つかみかかってきた加奈と翔太を激しく非難するが、権藤の配慮で2人は帰される。そのまま駅で別れるが、翔太は加奈を追いかけ駅を飛び出す。しかし、加奈の姿は見つからず、仕方なくコーヒーショップへ入ると、偶然加奈が店内にいた。ぎこちない会話の末、翔太は思いきってメールアドレスを聞き、翌日からメールのやりとりが始まる。仕事を終え帰宅した加奈。居間では人形教室を開いている母親の桂(戸田恵子)が、生徒たちと目前に迫った展示会に向けて作業中。祖母の静江(八千草薫)は、自室で落語を聞きながら焼酎を飲み、父親の朋也(岸部一徳)は自室で隠れるように何かをしていた。同じ頃、左官の親方である祖父の四郎(井川比佐志)と市の関東水道局に務める父親の重夫(風間杜夫)との男所帯である翔太は3人で食事をとっていた。そんな折、交番の権藤のもとへ誠が訪ねてきた。誠は加奈と翔太の住所を知りたいと申し出る。一方、重夫の前には5年前に男を作って飛び出していった元妻・安藤律子(キムラ緑子)が派手な格好をして現れた。驚く重夫に律子は財布を落としたからお金を貸して欲しいと頼む。怒って律子を置き去りにして帰っていく重夫。ある日、権藤に呼び出されレストランにやってきた加奈と翔太。やがて入ってきた権藤は、今日は非番であることを告げ、誠を紹介する。誠は自殺しようとしたことを認め、2人を責めたことを謝った。4年前に火事で妻子を亡くしたことを告げ、自殺を止めてくれたことを感謝する誠だが、自分の行動から死のうとしていたことを察した2人に過去に同じ経験があるんじゃないかと問う・・・。
転載元:FOD

#2 

中城加奈(仲間由紀恵)と田崎翔太(加瀬亮)は、自殺を止めた藤本誠(陣内孝則)から同じ経験があるのではと聞かれた。その場は返事をせずに帰った2人だが、後日、メールで死のうとした過去があることをお互いに告白した。ある日、喫茶店で待ち合わせした加奈と翔太。今はもう死のうと思っていないと前向きな発言をする加奈に対し、翔太は曖昧で後ろ向きな発言をする。苛立つ様子の加奈に、翔太は慌てて自分の発言を否定するが加奈は喫茶店を出て行ってしまった。激しく後悔する翔太の様子にすばやく気付き声をかける祖父・四郎(井川比佐志)だが、父・重夫(風間杜夫)は四郎に言われるまで何も気付かない。謝ろうと加奈の家を探しに来た翔太。すると、中城家の前で座っていた加奈の祖母・静江(八千草薫)に声をかけられた。家に忘れた地図を取って来て欲しいという。戸惑いながらも静江に頼まれるまま動く翔太は、さらに目的地まで案内がてら同行することになる。向かった先は加奈の母・桂(戸田恵子)が開催している人形展だった。なりゆきで桂と加奈の父・朋也(岸部一徳)と挨拶を交わす翔太だが、居心地が悪くなり気付かれないように帰っていく。同じ頃、加奈はスナック「妙」で誠と会っていた。加奈の電話番号を調べた誠が連絡をとってきたのだ。加奈が自分も過去に死のうとした経験があることを告げると、誠はホッとした表情を浮かべる。重夫の前には、再び元妻・安藤律子(キムラ緑子)が現れた。お金を貸して欲しいと言う律子に怒る重夫。2人が会っていたのを偶然通りかかり目撃した翔太だが、重夫はその事実を隠す。ある日、静江が加奈に人形展へ行った話をする。静江が話す“親切な男性”が翔太であることを知った加奈は、自分の知らない間に祖母に近づいたことへの怒りを露わにしたメールを送った。すると、翔太からそれが誤解であることを伝えるメールが届き、2人は週末に会う約束をする。加奈は喫茶店にやってきた翔太に、祖母への親切のお礼を言う。一方、翔太は自分を知ってもらおうとあえてセメントだらけの仕事着でやってきていた。コートを脱ぎ、仕事着になった翔太に、喫茶店の店長はコートを着るように声をかけてきた。従おうとする翔太だが、それを怒った加奈が遮り2人は店から出る。喫茶店を出た2人は笑顔になり・・・。
転載元:FOD

#3 

自殺しようとした過去があることを互いに告白した中城加奈(仲間由紀恵)と田崎翔太(加瀬亮)。2人はメールを交換しあいながらどこかで気持ちが通じ合っていると感じ始める。2人で会うものの、加奈にこれはデートではなく死のうとしたことのある人の会だと言われ、残念に思いながらも納得する翔太。加奈は翔太に死のうとした理由をたずねた。話し出そうとする翔太だが、急に震えどもってしまう。謝りながら翔太を抱きしめる加奈。その夜、加奈との出来事を思い出してはおかしな反応をする翔太に気付き声をかける重夫(風間杜夫)だが、四郎(井川比佐志)は“ホッとしている反応”だから放っておけという。重夫は訳がわからない。加奈も静江(八千草薫)を相手に妙にはしゃいでいた。後日、デートではないと言われながらもスナック「妙」で待ち合わせをした加奈と翔太。そこへ藤本誠(陣内孝則)がやってきた。加奈が、誠も死のうとしたことのある人の会のメンバーにいれたので呼んだと言うのを聞き、翔太は内心がっかりだ。お酒が入った誠は、過去にアルコール依存症で病院に入っていて、お酒は半年ぶりであることを告げる。すっかり酔っ払ってしまった誠を翔太が送っていくことになった。帰りのタクシーの中で誠はデートの邪魔をしたと謝るが、翔太はデートじゃないと否定はするも不機嫌なままだ。誠は加奈と翔太はどうみてもデートをしている、と言う。家まで送られた誠は翔太に家に上がるようにと誘った。誠は古くて小さな部屋で質素な暮らしをしていた。翔太に過去の話をする誠。やがて誠は翔太に泊まっていくように勧める。役に立つならと泊まることを了承する翔太だが、その返事に対して誠は若い人は自分中心でいいと言い出した。その途端、翔太が誠につかみかかった。2人はもみ合いになる。翌日、仕事を休んで誠に付き添っていた翔太から連絡をもらい、加奈が誠の部屋に訪ねてきた。すると、部屋を出て話していた加奈と翔太の前に重夫が現れた。翔太を心配してやってきたと話す重夫は、加奈の姿を見て彼女だと勝手に解釈。驚きつつも嬉しそうだ。翔太が誤解を解こうにも聞く耳を持たず帰ってしまった重夫は、四郎に電話で報告する。誠の部屋で簡単な食事をしていた3人だが、誠が1人になりたいと言い出し加奈と翔太は部屋を出る。帰り道、翔太は自殺しようとした理由を加奈に話し出した。事務用品の営業代理店で務めていた頃、営業成績が悪く上司にとことん侮辱された苦痛から家の倉庫で自殺を図ろうとしたことろを四郎に見つかり止められたのだと言う。聞いていた加奈は、まだ自分の理由は話せないと静かに言う。仕事中、コンビニに昼食を買いに来た翔太は、中を探るように見ていた律子(キムラ緑子)を見つける。2人は久しぶりに会話を交わす。ある日、「妙」で飲んでいた加奈と翔太。酔っていた加奈は、翔太を好きなのかもと言い出す。翌日にはメールで翔太の家を見に行きたいと言い出した加奈に翔太は・・・。
転載元:FOD

#4 

中城加奈(仲間由紀恵)に家が見たいと言われた田崎翔太(加瀬亮)は、重夫(風間杜夫)と四郎(井川比佐志)にその話をする。加奈に一度会っている重夫は大歓迎ムードだ。日曜日。家では重夫と四郎がソワソワと落ち着かない様子で迎える準備をしている中、駅で加奈と合流した翔太は近所の喫茶店へ行く。昔話を交えながら近所を案内して家に行くと、かしこまった四郎と重夫が待っていた。ちょっと緊張しながらも、会話を弾ませる3人に翔太は少し複雑な思いだ。翔太の部屋に通された加奈は、壁に貼られたアイリッシュダンスのポスターをみつけて踊り出した。翔太は器用に踊って見せ、笑顔になる2人。階下では2人の踊る足音を聞いた重夫と四郎が首をかしげていた。そして、加奈と翔太はキスをする・・・。車で送ってもらいながら加奈が夕食に誘うが、翔太は静かにそれを断った。家に帰ってきた加奈が居間へ行くと、桂(戸田恵子)がソファに寝ていた。落ち込んで起き上がれないと話す桂に展示会の成功を持ち出し励ます加奈だが、桂は加奈に抱きついてきた。家に戻った翔太は1人で酒を飲んでいる重夫に、律子(キムラ緑子)と会っているのかと問う。よりを戻す気はないと言い切りながらも放っておけないという重夫。ある日、桂は人形制作の師匠である立川研次(吹越満)の工房を訪れた。工房にはダンボールが積まれていて、研次は今夜ウィーンへ発つという。内緒にしていたことを怒った桂は、さらに人形展で桂の人形を買ったのが研次であることを責める。バカにしていると、人形を取り返す桂。桂が家でウイスキーを飲んでいると、静江(八千草薫)がやってきた。静江は怒られるかもしれないけどと言いながら、加奈の机の中から持ってきたと1枚の写真を桂に差し出す。それは加奈が翔太と翔太の家族とで田崎家前で撮った写真だった。さりげなく加奈に翔太のことを聞きだそうとする静江だが、加奈は話したくないようだ。翔太は中古の電子レンジを持って藤本誠(陣内孝則)の部屋を訪ねていた。いらないと拒んだ誠は、それよりも加奈との進展具合が気になるようだ。しかし翔太は放っておいてくださいと発言を避ける。そんな中、加奈に内緒でコピーした写真を桂が朋也(岸部一徳)に見せた。朋也は翔太よりも別の何かが気になるようだ。後日、とある喫茶店で朋也は重夫と会っていた。名前も住所も知らなかったものの2人は知り合いだったようで、写真を見た朋也が重夫を呼び出したのだった。ひょんな偶然に驚きながらも「バレたくない」と口を合わせる2人は・・・。
転載元:FOD

#5 

中城加奈(仲間由紀恵)が田崎翔太(加瀬亮)の家を訪ねて以来、会わないまま1週間が過ぎた。翔太が恋愛関係になることを戸惑っているのは、自分が自殺しようとしていた理由を話さないからと思っている加奈は、次に会った時に話すとメールで告げる。立川研次(吹越満)との別れ以来、具合が悪く起き上がれないでいる桂(戸田恵子)。事情を知らない加奈は病院に行くように勧める。その頃、朋也(岸部一徳)は再び重夫(風間杜夫)と会っていた。2人は人目を忍ぶように、とあるビルへ入っていく。そこは女装サロンだった。2人は着飾ると、これが最後だとそのまま街を歩く。驚いて振り返る街の人々の反応に喜びを感じる2人。加奈と翔太は会う約束をするが、加奈が待ち合わせ場所に指定したのは、以前に加奈が店長に啖呵を切って飛び出した喫茶店だった。困惑する翔太だが、加奈は店に入ると店長を呼び、前回の行動を謝った。すっきりしたと笑顔になる加奈。喫茶店を出ると、歩きながら加奈は翔太に自分が子供の産めない体であることを打ち明ける。告白に戸惑いながらも、子供はいらないと答える翔太。しかし、加奈は先に帰ると告げて去っていく。翌日、翔太は気持ちは変わらないとメールを送るが、加奈からの返事はなかった。田崎家では、加奈のことが気になっている四郎(井川比佐志)が、進展具合をさりげなく聞いてくるが翔太は話をそらす。中城家では、桂が相変わらず寝込んだままだ。加奈は心配と自分への苛立ちから病院に行かないことを責め、桂と口論のようになってしまう。のんきに構えている朋也にも、電話で桂に病院へ行くように言えと訴える加奈。静江(八千草薫)はめずらしく桂の部屋に行く。横になっている桂に、自分が若かりし頃に夫以外の男性に恋をした話をする。言葉には出さないが、静江の話に何かを感じる桂。ある日、朋也は重夫に呼び出され喫茶店にやってきた。呼び出された理由がわからず戸惑う朋也に、重夫は女装をやめたくないと訴え、もうやらないと決めた前回の提案を撤回する。家族や会社に絶対にバラさないと約束する重夫を信用できずにらみつける朋也。同じ頃、「妙」に向かっていた加奈。店の前では、ママの妙(宮田早苗)が藤本誠(陣内孝則)に見送られタクシーに乗り込むところだった。離婚して別居していた妙の高校生の息子が事故にあったという。「妙」で留守番をしていた2人のところへ、妙から息子が助からなかったことを告げる電話が入った。やりきれなさから加奈に迫ろうとする誠。すぐに正気に戻り、猛烈な後悔で泣きながら謝る誠に加奈は泣かないでと声をかける。
転載元:FOD

#6 

中城加奈(仲間由紀恵)から子供が産めないことを告白された田崎翔太(加瀬亮)は、加奈に呼び出されて藤本誠(陣内孝則)の部屋にやって来た。誠は、「妙」で加奈に手を出そうとして以来の再会に翔太に自分を殴るように言うが加奈はひきずらないように声をかけ、自殺しようとした理由の詳細を話すから立ち会って欲しいと頼んだ。静かに話し始めた加奈。数年前、付き合っていた男の子供を妊娠した加奈は、その男が別の女性を妊娠させ中絶させていたことを知り中絶をした。しかし、それが原因で妊娠できない体になっていたのだ。話を終えると、加奈は何も言わないで欲しいと部屋を1人出て行く。誠はゆっくり時間をおいて考えろと助言するが、部屋を出た翔太は中城家に向かった。静江(八千草薫)が応答し、加奈はまだ帰っていないという。翔太を歓迎し、ひ孫が見られる日が楽しみだと無邪気に話す静江に翔太は子供は欲しくない、持つ気はないと言い切る。そこへ加奈が帰宅した。驚いた加奈は翔太を追い返し部屋に戻るが、そこへ静江がやってきた。翔太が子供をつくる気がないとの発言したことを静江から聞いて驚く加奈。その後、メールでやりとりをする加奈と翔太だが、「子どもなんかいらない」という翔太に加奈は「感情に流されることなくゆっくり考えて」と繰り返す。そんな中、加奈の部屋に朋也(岸部一徳)がやってきた。静江から話を聞き翔太を批判する父に、加奈は話をそらすように桂の症状や朋也自身が何かを隠してないかと問う。朋也は、誰にだって人に言わないことがあると言って部屋を出て行く。ある日、翔太の家では、夕方風呂に入っている重夫(風間杜夫)に四郎(井川比佐志)が早く支度をしろという。翔太がいない時に話があると朋也が訪ねてくるというのだ。翔太を婿養子に欲しいと言われるのではないかと構えていた四郎だが、朋也の話は翔太が結婚しても子供はつくらないと発言したことだった。驚きながらも翔太がそんなことを言うはずがないと否定する重夫と四郎。やがて話は家柄のことにまで及び、双方は口論になってしまう。数日後、翔太の仕事場に律子(キムラ緑子)が訪ねてきた。律子は、重夫に翔太が子供はいらないと言い出したのは自分のせいだから会って話すように言われたという。翔太は、律子のせいではないと言いつつも子供はいらないときっぱりと言い切るのだった。
転載元:FOD

#7 

中城加奈(仲間由紀恵)の家で静江(八千草薫)に子供はいらないと言った田崎翔太(加瀬亮)。それを律子(キムラ緑子)が知っていたことで翔太は重夫(風間杜夫)を問いただし、朋也(岸部一徳)が田崎家を訪ねてきたことと結婚を反対していることを知る。加奈は翔太から朋也の行動を聞き、自分たちの知らないところで結婚の話が出ていることに戸惑う。秘密を告白してくれたのは結婚を考えてのことだと思っていた翔太は、子供はいらないと繰り返すが、加奈は結婚はしないと言い切る。ある日、翔太は静江に会うためにスーツ姿で中城家を訪れた。家には代休中の朋也もいて、あまり歓迎されない様子で中に通される。朋也、桂(戸田恵子)、静江に囲まれるように座った翔太は、加奈との結婚は今のところはないと言いつつも、自分は結婚を望んでいることを告げる。そして、子供がいらないと言ったのは本心ではなかったと話すが、朋也は厳しい口調で発言の真意を追求してくる。さらに、翔太が仕事に追い詰められて入院したことや自殺未遂をした過去を調べていて、加奈の相手にふさわしくないと言い切った。翔太を執拗に責める朋也に嫌悪感を示す桂。逃げるように中城家を出る翔太を静江は気の毒に思いながら見送る。家に帰ってきた加奈のもとへ桂と静江がきた。翔太が訪ねてきた一部始終を聞いた加奈は、朋也の行動に怒りながらも、家族の前で翔太とは結婚はしないと言い切る。そんな中、藤本誠(陣内孝則)は児童相談所を訪れていた。数日後、静江は四郎(井川比佐志)から電話をもらい喫茶店で待ち合わせをする。四郎は、自分の出る幕じゃないと言いながらも翔太と加奈の仲を朋也に納得してもらえるよう協力を頼んだ。静江は翔太をいい青年だとほめつつも、加奈はあげられないと協力を断る。一方、呼び出され「妙」にやってきた加奈は誠から袋を受け取る。中には誠が児童相談所でもらっていた養子縁組のパンフレットが入っていた。人形作りを再開した桂。そこへ静江がやってきて、加奈の部屋からみつけたとパンフレットを差し出す。養子縁組の文字に驚く桂。翔太が子供はいらないと言った理由を、翔太の方にあると誤解した2人は・・・。
転載元:FOD

#8 

中城加奈(仲間由紀恵)は、藤本誠(陣内孝則)の働く住宅展示場にやってきた。加奈は住宅を見に来た客を装い、誠に案内されながら田崎翔太(加瀬亮)が子供はいらないと言い張っていることを話す。翔太にはもう会わない方がいいのかもと言い出した加奈に、誠は養子・里親という選択もあることを告げる。ためらいつつも子供部屋を見て涙声になる加奈の気をそらすように誠は展示場前に捨てられていた子猫を見せる。子猫を愛しそうに抱く加奈を、誠は複雑な思いで見つめる。重夫(風間杜夫)に呼び出され喫茶店にやってきた朋也(岸部一徳)は、重夫が女装していることに怒りを露わにする。重夫の話は、加奈と翔太を応援したいというものだった。難色を示す朋也は、子供ができないのは翔太のせいだと訴え、加奈が養子・里親のパンフレットを持っていたことまで話す。思ってもいない話に驚き呆然とする重夫。朋也から聞いた話を四郎(井川比佐志)にすると、翔太に事実を確かめろという。重夫は律子(キムラ緑子)に連絡をとり真相を探らせる。律子に病院で調べたのかとか聞かれた翔太は否定しながらも、重夫がその事実を知っていることに驚く。数日後、重夫から連絡をもらった加奈は「妙」で会う約束をする。やってきた重夫は翔太が落ち込んでいることを話し、加奈に結婚の可能性をたずねるが、答えは「ありません」だった。それでも翔太が健康であると訴えくいさがる重夫に、加奈は子供を産めないのは自分だと告白した。早朝、加奈は出勤前に話があると桂(戸田恵子)を起こして居間に呼んだ。それに気付いた朋也もやってきた。2人を前に自分が子供が産めない体であることを告げる加奈。やがて静江(八千草薫)も起き出してきて事実を知る。同じ頃、仕事に向かう翔太のもとへ重夫がやってきた。重夫は、結婚は本人同士の意思だと翔太を励ます。数日後、静江が田代家を訪ねた。四郎に子供ができないのは加奈のせいだったことを告げ、かばっていた翔太の優しさに感謝する。ところが、四郎は自分が戦争孤児であったことや妻も施設で知り合ったことを話し、家系が途絶えてしまうのは嫌だからどうしても翔太の嫁には子供を産んで欲しいと言い、加奈との結婚を断ると言い切った。四郎の気持ちを理解しつつ、ショックを隠しきれない静江はその場で失神してしまった。連絡を受け、病院に駆けつけた加奈を付き添っていた四郎がむかえる。ただの貧血だと聞き安心する加奈に四郎は静江を傷つけてしまったことを詫びる。しかし、結婚反対の意思は変わらず、もう会うことはないだろうと告げ帰っていく。傷つきながらも、静江の前では明るく振舞う加奈は・・・。
転載元:FOD

#9 

中城加奈(仲間由紀恵)は、四郎(井川比佐志)に翔太(加瀬亮)との結婚は許可できないと言われたことや、それが原因で静江(八千草薫)が貧血を起こしたことで気持ちが混乱し、翔太からの謝罪メールにも返事ができずにいた。翔太は四郎を責めるが、四郎の意思は変わらない。加奈に会う勇気が持てないでいた翔太に藤本誠(陣内孝則)は、将来より今を大事にして、今はとにかく加奈に会うべきだとアドバイスをおくる。誠の言葉を受け、加奈は心配ごとはすべて忘れて、何も知らない初めて会った者同士として会おうと翔太に提案する。休日、加奈と翔太は公園で初対面の振りをして会うことになった。ぎこちなさがありつつも、初対面を装ってそれぞれ架空の自分や家族を作り出して会話やデートを楽しむ2人。すると、加奈が突然、ホテルを予約してあると言い出した。驚きしばらく沈黙した翔太は、それを断った。加奈がこれを最後にもう会わないつもりであることを察したのだ。そんなのは嫌だと走り去る翔太。戻ると事務所にいた四郎の元へ行き、改めて結婚の意思を告げる翔太だが、四郎も反対の意見は変えない。そこへボストンバッグを持った重夫(風間杜夫)が現れた。律子(キムラ緑子)と一緒に暮らすという。同じ頃、桂(戸田恵子)は加奈に呼び出されホテルへ来ていた。翔太との関係を聞く桂に加奈は別れたことを告げる。翌朝、桂は自分の過去の不倫を告白しながら加奈を励ました。翔太がスーパーから戻ると、誠が訪ねてきていた。上機嫌で相手をしていた四郎だが、誠が加奈とのことを応援すると発した一言で態度が一変する。近所の飲食店に場所を移し、話をする翔太と誠。翔太は自分の気持ちを素直にぶつけた。その後、加奈にメールを送るが、加奈からは会わないでいようと返事がきた。重夫に呼ばれ、居酒屋に来た翔太。厨房では元気よく働く律子を見て笑い合う2人。一方、加奈もいつも通りに働いていて・・・。
転載元:FOD

#10 

「妙」で待ち合わせした中城加奈(仲間由紀恵)と藤本誠(陣内孝則)。加奈は自殺しようとした時を振り返り、誰かに止められた気がしたが、それを翔太と重ねて恋人気分になっていただけかもしれないと話す。そんな加奈に誠はもっと気持ちを楽にするべきと言う。ある日、四郎(井川比佐志)のもとへ誠がやってきた。誠は加奈と翔太(加瀬亮)を応援すると言い、血筋を絶やしたくないと言い張る四郎に反対ではなく励ますのが役割じゃないかと訴える。すると、四郎がおもむろに5万円を貸そうと言い出した。翔太の件にかこつけて仕事か金を探しているのだろうと言う四郎。沈黙の後、うなずいた誠に四郎は5万円は貸さないが5千円を寄付すると言う。罠にかけられたと怒った誠はお金を受け取らず去っていく。翔太は重夫(風間杜夫)と律子(キムラ緑子)が暮らすアパートへ来ていた。口げんかをしながらも仲良さそうな2人と乾杯し、食事をする翔太。とある喫茶店で誠は朋也(岸部一徳)と向かい合って座っていた。誠は加奈と知り合った経緯を説明し、加奈と翔太を一緒に応援して欲しいと言う。しかし、朋也はあなたには関係ないから娘のことは忘れて欲しいと言い、コーヒー代金だと1万円を渡す。戸惑いつつも受け取る誠。誠の来訪を聞いた加奈と翔太は、それぞれ誠に連絡を取るが携帯は電源が切られたままだ。誠を心配し、会うことにする加奈と翔太。待ち合わせの喫茶店に行く前に、2人はそれぞれ誠の家に行っていた。翔太はアパートを管理する不動産会社にまで出向き、中で倒れていないかまで確認していたが誠は不在だった。不安を募らせつつも、2人は喫茶店で誠の行動について話し始める。そんな中、喫茶店に1人の女性が入ってきた。それは女装した朋也だったが、2人は朋也だと気づかないままだった。帰宅後、翔太はホテルに誘いそうになったことをメールで告げた。自己嫌悪に陥っていた翔太に、加奈は次に会った時に行こうと言う。それが最後になるなら嫌だと返信する翔太。後日、誠に呼び出された加奈と翔太。指定された場所は、誠には似つかわしくない高級そうな料亭だった。スーツ姿で出迎えた誠は、仕事がうまくいきお金が入ったからお礼も兼ねて2人にご馳走したかったと話す。食事が終わり、場所を移した加奈と翔太がコーヒーを飲みながら話していると、そこへ赤ん坊を抱いた若い女性が加奈に声をかけてきた。腹痛でトイレに行くから、5分だけ赤ん坊を預かって欲しいというのだ。引き受けた加奈に赤ん坊を託すと、女性は足早にビルの外へ走っていき・・・。
転載元:FOD

#11 

見知らぬ若い女性から赤ん坊を預かった中城加奈(仲間由紀恵)と田崎翔太(加瀬亮)。5分で戻ると言ったその女性は、20分経っても戻ってこなかった。トイレに女性を探しに行くも女性の姿はなく、その後も慣れないながらもミルクをあげたり、おしめを換えたりと、買いに走った育児本を参考にしながら懸命に世話を焼く加奈と翔太。2時間が経過した。警察に届けようと提案する翔太に加奈は「もう少しこうしていたい」と本音を漏らす。さらに数時間が経過するが、女性は現れる気配はなかった。やがて、加奈に内緒で翔太が連絡した誠(陣内孝則)と警官の権藤(塩見三省)がやってきた。一緒に警察に行こうと言われ、歩き出した加奈たちの前に母親の美代(末永遥)が現れた。反省している様子の美代に赤ん坊を戻す加奈。再び2人きりになった加奈と翔太はホテルへ。翔太がシャワーを浴びて出てくると、赤ん坊の一件で張っていた気が緩んだのか加奈は眠っていた。翌朝、ソファに寝ていた翔太は加奈に起こされて目を覚ます。赤ん坊を前に自分は無力じゃなかったと涙を流す加奈を優しく抱きしめる翔太。律子(キムラ緑子)の部屋に桂(戸田恵子)が訪ねてきた。加奈が翔太との結婚を望んでいると知り、翔太の母親である律子に会いに来たという。重夫(風間杜夫)と一緒に暮らしていることで家族付き合いを気にかけている素振りの桂に、律子は中城家とは付き合わないから心配しないでと明るく言い放つ。一方、朋也(岸部一徳)と重夫も喫茶店で会っていた。女装癖がバレた時を心配し、やめるべきかを話し合っていたが隠し通すことで話はまとまり、笑い合う2人。田崎家では、事務所にいた四郎(井川比佐志)が職人の神戸(松重豊)に中断していた工事の再開を告げた。喜ぶ神戸は、家族を東京に呼び寄せるから母屋の一室を貸してもらえないかと相談を持ちかける。四郎は家がのっとられると提案を却下する。その夜、神戸から話をきいた翔太が怒った様子で四郎にくってかかった。もっと人を信用して心を開くべきだと訴える翔太をあしらう四郎。数日後、中城家と田崎家の家族がレストランで顔を合わせていた。相変わらず結婚には反対している四郎の提案で、両家が集まることになったのだ。立ち上がった四郎は全員を見渡すと、静かに話し始めた。先日、翔太に言われた言葉が胸に響いてきたという四郎は、翔太の成長は加奈と知り合ったおかげだと加奈にお礼を言う。そして、心配事は気持ちがあれば乗り越えられると言い切った。四郎の結婚を認める発言と、桂や静江(八千草薫)からの「おめでとう」の言葉に涙ぐむ加奈。誠に経過を報告する加奈と翔太。誠は美代を支えながら暮らしていることを告げる。一方、田崎家には神戸一家がやってきていた。神戸の家族と楽しそうにしている四郎。朋也と重夫は相変わらず女装をし、桂と静江は人形作りに励み、加奈と翔太もそれぞれの仕事をこなし、いつもの日常をおくる面々がいて・・・。
転載元:FOD

 

フジテレビ水10ドラマ「ありふれた奇跡」の感想

 

Left Caption
「ありふれた奇跡」観たいと思った方はFODの1か月無料期間を利用すれば一話から無料でフル視聴することが出来ます

 

 

FOD解約方法

他のVODサービスなどでは解約方法がわかりにくいなどの声が聞かれますが、FODに関しては戸惑う事は一切ありません。

では解約の手順を追っていきましょう

FODプレミアムにログインする

PCにてFODプレミアムにログインしましょう。

最初の画面上に「マイメニュー」がありますので押します。

A

そして月額コースの確認・解約を押します。

B

こちらの画面となりますので、「この月額コースを解約する」を押してください。

C

「この月額コースを解約する」を押しただけでは解約したことになりませんので必ずこの先へ進んでください。

「月額コース契約に関する注意事項」がでてきますので、確認し下へスクロールすると

D

解約するを押す事で解約となります。

フジテレビ水10ドラマ「ありふれた奇跡」を動画無料視聴する方法まとめ

フジテレビ水10ドラマ「ありふれた奇跡」の動画を無料視聴する一番いい方法はFODで一か月間の無料期間を利用すること

パンドラ・デイリーモーションなどは危険が伴う

FODは登録も解約も簡単に出来ますので今すぐ試してみて下さい。

 

 

 紹介している作品は2019年1月現在の情報です。

現在は配信停止している場合もありますので詳細は
FODプレミアム公式ホームページ
にてご確認ください。

スポンサーリンク