P8liteを使ってみた感想!中高年や女性にオススメかも?

ファーウェイ(Huawei)製シムフリースマホP8liteの使用2日目のインプレをしてみたいと思います。

スポンサーリンク

外観

P8lite
本体付属品としてACアダプタ、USBケーブル、 イヤホンマイク、 クイックスタートガイド、 本体保証書 、 ACアダプタ保証書 、 SIMカードピン

P8lite横
本体右側面
左からスロット1(microSIM用)スロット2(nanoSIM、SDカード用)電源ボタン、ボリュームボタン

P8lite上
上部
イヤホンジャック

P8lite下
本体下部
左からスピーカー、USBジャック、マイク

P8lite背面
背面
ファーウェイマークはまー良しとしても、下のMADE IN CHINAマークは・・・・
スマホカバーをつけよう!

大きさ

HPなどで見ると大きいように思えましたが、実機は非常にコンパクトでZenfone5
よりも小さいです。

Zenfone5でも大きく感じているのに5.5インチのZenfone2は相当おおきいのでしょうね。
大きさ、持ちやすさは手の小さい私にはジャストフィット!いい感じです。

もっと大きいと思っていたので、うれしい誤算でした。

幅71mm 高さ142mm 厚み7.7mm

重さ

約131gと非常に軽いです。

初期設定

SIMはmicroSIMとnanoSIMがつかえます。nanoSIMスロットとSDカードスロットは同一なので
nanoSIMだとSDカードが使えないので注意です。microSIMを使いましょう。

私はIIJのシムなのですが、標準SIMだった為SIMサイズ交換をIIJに要請。

おとといの夕方に申請、本日夕方に宅配便で届きました。

サイズ交換の際はIIJで発送の準備が整い次第今までのSIMが使えなくなるので、
半日位は使用できなくなってしまうので注意です。

SIMが届くまでWifiで初期設定するのですが、驚くほどあっという間です。

Zenfone5の初期設定では順にやってもうまくいかずネットを見ながらの
設定で手間取りましたが、P8liteはあっと言う間。

SIMカードが届き、スロット1にSIMカード、スロット2にSDカードを入れます

カバーを開けるタイプは爪が痛くなったりしていやですが、この機種はカバーは開きません。

入れるとすぐにIIJを認識し設定の必要まったくありませんでした。
Wifiを切ってみると4Gの文字間違いなくLTEに接続されています。

使用感

スマホカバーも同時に注文しましたが、7月中旬発送とのことで、取り急ぎ
100均で保護シールを購入。

当然P8lite用はないので、iPhone6用を適当
に切って貼り付け。

そのためか若干発光が良くないようです。Zenfone5の方が綺麗に見えますが
これで十分な感じです。

色味を自由に変える事ができます。

操作性と使用感は問題ないと言うか、わかりやすく使いやすいです。
プリインストールされている物も少なく自分好みに出来るので、いいですね。

使ってみたまとめ

設定簡単、大きさ重さ、使いやすさは抜群に良いです。

もちろんハイエンド機などに比べたら安っぽい感じは否めませんが、
ゲームなどしないのであればこの位の性能でも十分すぎると思いますし、
とくに大きさが自分にフィットしていたので、手の小さい女性でも問題
ないのではないでしょうか。

又、キャリアからSIMフリーに機種変更をお考えの中高年の方でも問題なく
移行できるのように思えます。

さて一番の問題は職場での電波のつながり状況です。

DOCOMOで調べてみると、職場が有る所はFOMAプラスカバー範囲ですが、
LTEはぎりぎり(50mから100m位?)圏外のようです。

さてどうなのでしょうか、今から行って調査してきます。

スポンサーリンク