波乱万丈のお騒がせメダリスト池谷幸雄は現在では有能指導者?

4年に一度のオリンピック大会ではブレークして大人気になる選手というのが必ず出るものです。

1988年ソウルオリンピック大会の体操団体と個人床で銅メダル、続く1992年バロセロナオリンピックでは団体銅、個人床で銀メダルを獲得し、西川大輔さんとともに「清風コンビ」と呼ばれ、高校生としては日本体操史上初の五輪代表で、国内大会には観客が殺到したり、二人の特集ビデオが発売される等、絶大な人気を集めたのが池谷幸雄さんだ。

その人気ぶりは現在の五朗丸ブーム位、女性人気が凄かった。

そんなオリンピックでの成功者である池谷幸雄さんは私生活の方はなかなか波乱万丈なようです。

スポンサーリンク

女性遍歴

体操選手引退が22才の時で、スカウトではなく志願して芸能界入りする。24才の時の1995年にギリギリガールズのメンバーとして、TV番組ギルガメッシュないとや平成女学園で活躍したセクシー系の樹あさ子と出来ちゃった婚、同年9月に女児が誕生。

結婚してから2年後の1997年に当時テレビ朝日アナウンサーの吉元潤子との不倫が写真週刊誌「フォーカス」に報道され大騒動となり、1998年に離婚。

本人によると、夫人との間で離婚の話しが出ていたタイミングでの不倫だったため、大変な額の慰謝料と今まで築いてきた芸能界のレギュラーを失うことに。

2000年に12歳年上の女性実業家と再婚し、「池谷幸雄体操倶楽部」を設立するも、夫人との運営方針の違いが原因で2004年に再び離婚。

2012年に電子書籍作家西麻布よしことの間に隠し子が発覚。当時池谷幸雄さんには本命の彼女がおり養育費無しで認知のみを求めたと言います。しかも関係があったのは1回のみというから、さすがはメダリスト!決める時は決める(笑)

怪我

2015年6月、東京都現代美術館で行われたファッションデザイナー山本寛斎のファッションイベントで、演出の一部として助走→バック転→後方1回宙返りを披露した際に、右アキレス腱断裂、左ふくらはぎ肉離れで全治2、3カ月の大怪我を負った。

現役引退から23年も経つとメダリストでも感覚がずれてしまうのでしょうかね。

実の弟

ミスターモンスターボックスこと池谷直樹さんは池谷幸雄さんの実の弟です。

兄の後を追い自身も元体操選手からタレントとなり、芸能界のスポーツ王として君臨してきましたが、最近は衰えが目立つようで、若手芸能人に食われているようです。

そんな池谷直樹さんは昔から、体操の才能について池谷幸雄さんに罵倒されたり、ファンへのサインを代筆させられたりと、兄の横暴な態度にいつも振り回されてきたといい、テレビ番組内で「殺してやろうと思ったこともある」と告白。そんな弟に「そんなことを言うなら俺が殺す」と返し、番組の企画とはいえオリンピックメダリストとは思えない発言に非難があつまった。

現在

現在では芸能活動と並行して自ら体操教室(「池谷幸雄体操倶楽部」)を設立、東京都小平市に体操専用の体育館を建て関東に4校(小平市、立川市、渋谷区、横浜市)、関西に1校(近江八幡市)を開校した。

倶楽部にはシリバスなど、世界最高峰の難易度Hの技をこなす、数少ない選手としても知らる村上茉愛選手が所属しています。同じ体操選手のひねり王子こと白井健三選手との交際が噂されていましたね。

世間ではお騒がせメダリストとして、柔道の内柴、体操の池谷などと言われているようですが、そろそろいい年なんですから落ち着いてもらって、有能な体操選手をもっと輩出出来るよう、有能な指導者として世間をお騒がせしていただきたいものですね。