美しきリオデジャネイロは世界有数の犯罪都市だ!

ブラジルサンパウロ州で18歳の日本人男性が銃
で撃たれ死亡する事件が発生した。

来年隣州のリオデジャネイロでオリンピックが
開催されるが、相変わらずの治安の悪さに心配
の声があがっている。

オリンピックには世界各国より人が集まる訳だ
が、当然日本からもオリンピック観戦ツアーを
予定している人は多いと思いますが、
ブラジルで犯罪に巻き込まれない為にも日本の
常識は非常識と思って行動するべきだ。

スポンサーリンク

サンパウロ殺人事件


死亡したのは千葉県市原市出身で14年前から
ブラジルで生活していたルアン・オオシロさん
(18)。

ルアン・オオシロさんは19日午前1時半ごろ
、サンパウロ州サントスで知人の女性2人とバ
ス停にいたところ、自転車に乗った2人組の男
に携帯電話を渡すよう要求され、抵抗せず手渡
そうとしましたが、発砲され、殺害されました。

2人組は何も取らずに逃走し、地元警察が行方
を追っています。

在リオデジャネイロ日本国総領事館の安全の手
引きとして万が一被害に遭遇した場合絶対に抵
抗しない事とされています。

にも拘わらず今回被害に遭われたオオシロさん
は抵抗せずに渡そうとしたのに被害に遭ってい
ます。

では一体自分の身を守る為にはどうすれ
ばよいのでしょうか。

ブラジルで犯罪に逢わない為には

ブラジルでは州によっても違いますが、強盗事
件は日本のおよそ300倍、殺人事件は日本のお
よそ30倍ともいわれています。

犯罪の特徴として銃による犯罪が多く10代の
子供が所持している場合も多いのです。

ブラジルでは昼夜問わず犯罪が発生していま
すが、リオデジャネイロの有名な観光地で
あるコルコバードの丘やコパカバーナ海岸な
どではひったくりや置き引き、強盗や誘拐な
どの犯罪が多発しており、観光客は特に注意
しなくてはならない。

またリオデジャネイロにはスラム街(ファヴ
ェーラ)が点在しており、絶対に立ち入らな
い、近寄らないことが大事だ。

先日も観光客がカーナビでセットした地域で
はなく同名のファヴェーラに迷い込んだだけ
で射殺される事件も発生している。

  • 自分と家族の安全は、自分自身で守る。
  • 防犯の努力・労力は惜しまない。
  • 「目立たない・行動を予知されない・用心を怠らない」を念頭に行動する。
  • 「自分だけは大丈夫・まさか自分が」というような安易な考えは払拭する。
  • 出典 外務省海外安全ホームページ

今回の事件では発生時刻が午前一時半でした。
この様な深夜を街中を出歩くのは危険極まりな
いことです。

この時間に出歩いても安全なのは日本位なも
のです。

日本人は海外で窃盗やすりに遭いやすいと言わ
れています。

それは平和なれして警戒心が低い事によります。
「自分だけは大丈夫」とおもいっきり思ってい
ます。

「せっかくのバカンスなのだから現地の人たち
とフレンドリーに接したい」と思っていても、
相手はそうは思っていないかもしれません。

逆に「いいカモが来た」と思っているのかもし
れません。


[su_row]
[su_column size=”4/5″]

一日で160件・・ガクガクブルブル・・怖い国じゃ。

[/su_column]
[su_column size=”1/5″]おじさん [/su_column][/su_row]


[su_row]
[su_column size=”4/5″]

覚えておる!カオスすぎて意味わからんの

[/su_column]
[su_column size=”1/5″]おじさん [/su_column][/su_row]

来年のリオデジャネイロオリンピックツアーを
予定している方々は色々な情報を集め、
細心の注意を持って楽しい旅になるようにして下さい。

スポンサーリンク